ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 鎌倉市本庁舎等整備市民対話(平成30年度(2018年度))

ここから本文です。

更新日:2018年9月14日

鎌倉市本庁舎等整備市民対話(平成30年度(2018年度))

本市では、平成27年3月に策定した公共施設再編計画に基づいて、本庁舎の整備方針の検討にかかる取組を始めました。

平成28年度には、本庁舎を「移転して整備する」とした整備方針を策定しました。

平成29年度には、本庁舎の移転先について全市的な視点で検討し、「深沢地域整備事業用地(行政施設用地)」に決定しました。

公共施設再編計画でも、計画づくりの初期段階から市民の皆さんが参画する場を設けることとしており、その公共施設再編計画を検討した際にも、市民ワークショップを実施してきました。

平成28年度や平成29年度の検討の際にも、市民目線や市民感覚を取り入れて検討を進めるために、本庁舎の現状と課題を市民の皆さんと共有するとともに、具体的に本庁舎に求める機能や性能、庁舎整備とまちづくりなどをどのように考えるか、市民の皆さんと検討し、多様な意見を伺っていくために市民対話を開催しました。

平成30年度は、新しい本庁舎に求める基本的な理念やこの理念を実現するために必要な機能や性能について、市民の皆さんの様々なご意見を伺うために市民対話などに取り組んでいきます。

平成30年度に実施する市民対話について

鎌倉市本庁舎等整備市民対話

  • 内容

全5回程度開催し、テーマに沿って、グループごと、あるいは参加者全員で対話を行います。

なお、更に広く市民意見等を取り入れるために参加者を広げた拡張ワークショップ参加者募集中(10月3日まで))を開催します。

  • 参加者

無作為抽出による市民2,000人の中から市民対話に参加することを希望された26名の方

平成28年度に実施した本庁舎整備方針市民対話の参加者で、引き続き参加を希望された4名の方

上記の計30名

  • その他

本庁舎等の整備に関する審議を行う鎌倉市本庁舎等整備委員会も併せて設置して、検討を進めています。

開催概要等

出前講座について

公共施設再編の取組(本庁舎の整備に向けた取組含む)などについて、市民の皆さんに広く知っていただきたく、自治・町内会、グループの会合などの場で市職員が説明する「出前講座」を行っていますので、是非、ご利用ください。概ね30分の説明を行っていますが、時間の短縮や日程調整の相談及び、ご用命に関しては、公的不動産活用課公的不動産活用担当(0467-23-3000(内線2565))まで、ご連絡ください。

リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:行政経営部公的不動産活用課公的不動産活用担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-23-3000

ファクス番号:0467-24-5931

メール:facility@city.kamakura.kanagawa.jp