ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 公的不動産の利活用の取組

ここから本文です。

更新日:2018年5月1日

公的不動産の利活用の取組

鎌倉市では、低未利用となっているものなど、主要な5つの公的不動産(鎌倉市役所(現在地)、梶原四丁目用地(野村総合研究所跡地)、深沢地域整備事業用地(行政施設用地)、扇湖山荘、資生堂鎌倉工場跡地(寄附予定部分))を中心に、これまでの検討を踏まえつつ、利活用推進の方針を定める取組を進めました。

この取組は、公的不動産を資産と捉えた利活用進めるなど、これまでにない視点から検討を行うことで、全市的なまちづくりを実現させるための推進力とし、更には鎌倉のまちに「住みたい・住み続けたい」という思いをもってもらうための新しい価値を創造することで、次代に引き継ぐ鎌倉のまちづくりを実現させる引き金としようとするものです。

なお、併せて本庁舎の移転先についても、全市的な視点を持って検討に取り組みました。この結果、本庁舎の移転先は、深沢地域整備事業用地(行政施設用地)と決定しました。

 

平成29年10月に、中間取りまとめを公表し、出前講座による検討状況や取組の周知を進めました。

平成30年2月に、鎌倉市公的不動産利活用推進委員会を開催し、答申を受けました。

平成30年3月に、鎌倉市公的不動産利活用推進方針を策定しました。

鎌倉市公的不動産利活用推進方針

かまくらまちづくり市民対話

検討にあたって、自治町内会などで職員が説明を行う出前講座やかまくらまちづくり市民対話を行うなど、取組の周知や意見聴取を進めてきました。

リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:行政経営部公的不動産活用課公的不動産活用担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-23-3000

ファクス番号:0467-23-8700

メール:facility@city.kamakura.kanagawa.jp