ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 神奈川県下消防相互応援協定に基づく4都市合同消防訓練の実施について

ここから本文です。

更新日:2016年10月28日

神奈川県下消防相互応援協定に基づく4都市合同消防訓練の実施

野村総合研究所跡地を利用し、鎌倉消防署、横浜市金沢消防署、横須賀北消防署、逗子市消防署が合同で救助訓練を実施しました。

 

平成28年10月14日(金曜日)梶原四丁目7番1号 野村総合研究所跡地で、神奈川県下消防相互応援協定に基づく4都市合同消防訓練を実施しました。鎌倉市境のハイキングコースで滑落事故が発生し、複数の傷病者が発生したとの想定で、各市の救助隊等が連携して安全、確実、迅速に傷病者を安全な場所に救助し、重傷者を横浜市消防局のヘリコプターで医療機関に搬送する訓練を実施しました。

4都市合同消防訓練は毎年開催され、今回が7回目で、これまでは火災を想定した訓練を実施していましたが、今回は鎌倉市が主催で、救助活動を目的とした訓練を初めて実施しました。

災害発生時に各消防本部(局)間の連携強化を図り、円滑な活動体制を構築することがこの訓練の目的であり、災害現場の最前線を担う救助隊同志が連携活動を行うことで、救助技術の共有と向上が図られ、訓練の目的を十分に果たすことができました。

現場指揮本部で活動方針下命 鎌倉市と横浜市の各隊が連携して救助活動を実施

鎌倉市と横浜市の各隊が連携して傷病者を安全な場所に救助 鎌倉市と逗子市の各隊が連携して救助活動を実施

横浜市消防局航空消防隊隊員と連携して救助活動を実施 重症者を横浜消防ヘリコプターに収容し医療機関に搬送

お問い合わせ

所属課室:消防本部消防総務課 担当者名:総務担当

電話番号:0467-44-0983