ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 救命索発射銃「レステックエアー」取扱い訓練

ここから本文です。

更新日:2016年5月16日

救命索発射銃「レステックエアー」取扱い訓練

レステックエアー取扱い訓練を実施しました。

鎌倉消防署では平成28年4月26日(火曜日)、27日(水曜日)の両日に、七里ガ浜海岸で七里ガ浜出張所配置の消防車両に積載されている救命索発射銃「レステックエアー」の取扱い訓練を実施しました。

レステックエアーとは、コンパクトでCO2カートリッジを動力とし救命索(ロープ)を発射できるシステムで、高層ビル火災における人命救助、水難事故における溺者の救助の他、船舶の係留等に使用できます。今回は、水難事故を想定した溺者の救助訓練を実施しました。

投てき距離は約90m、火薬を使用していないため、火花・炎は発生しません。

訓練風景

レステックエアー説明  訓練風景

訓練風景  訓練風景

お問い合わせ

所属課室:消防本部鎌倉消防署

電話番号:0467-24-0119