ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 第46回全国消防救助技術大会出場について

ここから本文です。

更新日:2017年8月4日

第46回全国消防救助技術大会出場について

第46回全国消防救助技術大会出場が決定しました

 7月14日に山梨県消防学校で開催された第46回消防救助技術関東地区指導会において「ロープブリッジ救出」で関東甲信都県の代表と競い、好成績を収め8月23日に宮城県利府町で開催される第46回全国消防救助技術大会に出場することになりました。

先に出場を決めている「ロープ応用登はん」と2種目で全国大会に臨みます。

神奈川県・関東甲信地区の代表として、日頃の訓練の成果を遺憾なく発揮し、上位入賞を目指します。

写真

第42回神奈川県消防救助技術指導会

第42回神奈川県消防救助技術指導会

上段「ロープブリッジ救出」に出場した救助隊員4名 全体の2位で関東地区指導会出場を決める。

下段「ロープ応用登はん」に出場した救助隊員2名 全体の1位で全国大会出場を決める。

 第46回消防救助技術関東地区指導会

第46回消防救助技術関東地区指導会

 各都県代表の28チームで競い「ロープブリッジ救出」6位入賞を果たし全国大会出場を決める。

第46回消防救助技術関東地区指導会「ロープブリッジ救出」結果

順位

都県名

消防本部名

所要タイム(秒)

1

埼玉

埼玉西部消防局

46.3

2

神奈川

横浜市消防局

47.2

3

埼玉

入間東部地区消防組合消防本部

47.3

4

山梨

峡南広域行政組合消防本部

47.3

5

埼玉

さいたま市消防局

47.5

6

神奈川

鎌倉市消防本部

47.8

7

千葉

柏市消防局

48.2

8

長野

長野市消防局

48.7

9

千葉

安房郡市広域市町村圏事務組合消防本部

49.0

※上記9チームが全国大会に出場します。(順位は、所要タイムの順番で記載しています。) 

訓練種目の詳細

 (1) ロープブリッジ救出について

  4人1組(要救助者含む)で、2人が水平に展張された救助ロープにより対面する塔上へ進入し、要救助者を救助ロープに吊り下げ、けん引して救出した後、脱出する訓練です。

 (2) ロープ応用登はんについて

 登はん者と補助者が2人1組で協力し、器材を使わずに塔上から垂下されたロープを15メートル登はんする訓練です。

 

お問い合わせ

所属課室:消防本部鎌倉消防署

電話番号:0467-24-0119