ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 中高層建物を使用した消防訓練の実施について

ここから本文です。

更新日:2017年8月3日

中高層建物を使用した消防訓練の実施について

中高層建物火災を想定した訓練(実戦的)を実施しました。

 この度、鎌倉消防署では平成29年6月19日から6月30日までの土日を除く10日間、三菱プレシジョン株式会社の協力を得て、梶原102番地の取壊し予定である耐火造4階建ての建物を使用した実災害に近い環境で訓練を行い、火災及び救助活動を円滑にすることを主眼とし、消防訓練を実施しました。

訓練では、勤務年数が浅く、現場経験の少ない職員を中心に、ホース延長及び屋内進入要領を含め、資機材取扱い等の基本的な訓練を実施することで、職員の技術向上を図りました。

さらに、 訓練期間中の20・21日の2日間は、隣接市の逗子市消防本部も訓練に参加し、市境で災害等が発生した際に迅速な連携強化が図れるよう合同訓練を実施しました。

10日間の訓練を通じて延べ89車両368名(逗子市消防本部含む)が訓練に参加しました。

訓練風景

       柴田鎌倉消防署長からの訓示                   火災防ぎょ訓練

柴田鎌倉消防署長からの訓示 火災防ぎょ訓練

            屋内進入訓練                          検索訓練

屋内進入訓練 検索訓練

                 要救助者救出訓練(逗子市消防本部との合同訓練)

合同訓練1 合同訓練2

                  建物倒壊を想定した破壊訓練(逗子市消防本部)

破壊訓練1 破壊訓練2

 

 

お問い合わせ

所属課室:消防本部鎌倉消防署

電話番号:0467-24-0119