ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 消防フォトニュース > 鎌倉市消防本部偵察用無人航空機(ドローン)の導入について

ここから本文です。

更新日:2019年1月4日

鎌倉市消防本部偵察用無人航空機(ドローン)の導入について

偵察用無人航空機(ドローン)の運用を開始しました。

消防本部では、平成30年12月1日から偵察用の無人航空機ドローン2機を指令情報課に配置し、運用を開始しました。

無人航空機ドローンは、全国各地で発生している大規模災害等で、行方不明者の捜索や被害状況確認など消防隊員が近づけない場所、危険な場所で活用され大きな成果をあげています。

偵察用無人航空機ドローンを運用することにより、上空から撮影した映像情報を基に、被害状況を把握し、初動体制を確立し被害の軽減に努めてまいります。

なお、機体の名称は「偵察用ドローン1号機」「偵察用ドローン2号機」です。

 
偵察用ドローン諸元・性能等

 

項目

カタログ値

備考

重量(バッテリー・プロペラ含む) 1375g  
全長 289.5mm  
全幅 289.5mm  
全高 196mm プロペラ上部まで
最大上昇速度(障害物検知システム等作動時) 5m/s  
最大降下速度(障害物検知システム等作動時) 3m/s  
最大速度(障害物検知システム等作動時) 72km/h  
運用限界高度(海抜) 6,000m 地上からドローンまで150m以上で東京航空局へ要届出
最大フライト時間 約30分 実飛行時、15~20分程度
動作環境温度 0~40℃  
動画解像度 4K時3,840×2,160p  
伝送距離 4km  

 

 

本体・周辺機器

 

01

 

 

操作模様

 

03

 

 

ドローン空撮写真

 

02

お問い合わせ

所属課室:消防本部指令情報課

電話番号:0467-44-0995

メール:sirei@city.kamakura.kanagawa.jp