ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 最新鋭消防ポンプ自動車の導入

ここから本文です。

更新日:2016年6月23日

最新鋭消防ポンプ自動車の導入

最新鋭の消防ポンプ自動車を導入しました

 鎌倉消防署浄明寺出張所配置の消防ポンプ自動車は、導入から12年が経過し経年劣化にともない、最新鋭の消防ポンプ自動車に更新、平成28年3月から運用を開始しました。

 この車両の特徴は、水槽付き消防ポンプ自動車で常時600リットルの水を積載してます。火災の初期状態では、消火栓や防火水槽などの消防用水利から取水することなく、できる限り災害の発生した場所に近づき積載水を使用し消火活動が行えます。これはホースを延長するなどの時間が短縮され、被害の軽減につながります。

 また、ハイキングコースなどで発生した救助活動において、怪我人等を安全迅速に搬送するため、軽量で頑強なチタニウム製バスケット型担架を装備しました。

 他にも多くの消防用資機材を積載しています。お時間のある方は、是非浄明寺出張所へお立ち寄りください。

            諸元表

全長

585cm

全幅

194cm

全高

285cm

車両総重量

6,475kg

燃料(軽油)

68リットル

乗車定員

5人

消防ポンプ性能

国家検定A-2級

積載水

600リットル

 

 新型消防ポンプ自動車、車両後部に電動式のホースカーを積載

 最新ポンプ車 後部

 電動式ホースカー、ホース延長

 電動ホースカー ホース延長

 積載水で迅速な消火活動、バスケット型担架(チタニウム製)

 放水 バスケット型担架

お問い合わせ

所属課室:消防本部消防総務課

電話番号:0467-44-0988