ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 山火事予防運動に伴う火災防ぎょ訓練について

ここから本文です。

更新日:2017年3月27日

山火事予防運動に伴う火災防ぎょ訓練について

林野火災を想定とした火災防ぎょ訓練を実施しました

 

 3月1日(水曜日)から4月30日(日曜日)まで、森林等の保全、環境の保護、地域住民の生命、身体及び財産を守ることを目的に、全国一斉に山火事予防運動を展開しております。

 三方を山で囲まれた緑豊かな風土の地域を管轄する鎌倉消防署では、3月13日に市内梶原四丁目7番の野村総合研究所跡地において、隣接する逗子市消防署と合同で、林野火災防ぎょ訓練を実施しました。

 山林における火災は、気象条件や地形等に左右され、火災防ぎょがとても困難です。今回の訓練は、遠距離中継送水及びホース延長要領に主眼を置き実施しました。この訓練を通じ若手職員の消防技術の向上と他市とのスムーズな連携活動が図られ、職員一人ひとりが災害現場で活動する上で大きな自信へと繋げることができました。

 

 春先は、風が強く、空気が乾燥し、山火事の起こりやすい季節です。ハイキングでの歩行喫煙やたき火は行わないようご協力をお願いします。

 

平成29年全国山火事予防運動統一標語

『火の用心 森から聞こえる ありがとう』

 

訓練風景1 訓練風景2

 訓練風景3

お問い合わせ

所属課室:消防本部消防総務課 担当者名:葉山

電話番号:0467-44-0988

内線:214