ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 秋季火災予防運動

ここから本文です。

更新日:2015年11月25日

秋季火災予防運動

秋の火災予防運動を実施しました

 平成27年11月9日(月曜日)から同年11月15日(日曜日)まで全国一斉に秋の火災予防運動が実施されました。消防本部予防課では予防運動行事として次のとおり実施しました。

 住宅用火災警報器設置推進PRの実施 

 11月9日(月曜日)9時30分から11時30分まで、ホームセンターコーナン鎌倉大船店で住宅用火災警報器設置推進のPRを実施しました。

 鎌倉市では平成17年10月に市火災予防条例で住宅用火災警報器の設置を義務付けてから10年が経過しています。警報器の電池寿命は10年が目安とされていますので、交換時期に留意するとともに未設置世帯への設置普及啓発を行いました。

 危険物移動タンク貯蔵所等の路上査察の実施 

 11月11日(水曜日)に鎌倉警察署、大船警察署、横須賀三浦地域県政総合センターと合同で、危険物の移送中又は運搬中における災害の発生を未然に防止するため、路上査察を実施しました。

 移動タンク貯蔵所5台、危険物運搬車両4台、高圧ガス車両9台に対して立入検査を実施し、そのうち4台に基準不適合が認められたため、是正指導を行いました。

 夜間特別査察の実施 

 11月12日(木曜日)18時から、JR大船駅東口繁華街において、大船警察署と合同で夜間特別査察を実施しました。

 飲食店等が存在する防火対象物に対して、避難施設等の管理状況を確認し違反事項がある場合は、即時是正を行い災害発生の未然防止と利用客の安全確保の徹底に努めました。

 検査対象棟数26棟、テナント数114テナントのうち消防法違反が認められたのは63件で、そのうち2件については物件除去命令を発動し、その他は口頭指導で即時是正を行いました。

実施風景

住宅用火災警報器設置推進PR

住警器 住警器2

危険物移動タンク貯蔵所等の路上査察

路上査察 路上査察2

 夜間特別査察

夜間査察 夜間査察2

 

お問い合わせ

所属課室:消防本部予防課

電話番号:0467-44-0963