ホーム > 産業・まちづくり > 景観・風致 > 鎌倉の古都保存の歩み(1)

ここから本文です。

更新日:2019年3月6日

鎌倉の古都保存の歩み(1)

年月

概要

昭和

35年

 頃

昭和の「鎌倉攻め」といわれる宅地造成ブームが始まる

 

39年

1月

御谷(おやつ)騒動が起きる

 

 

12月

市民を中心に古都を守る運動が世論を盛り上げる

財団法人鎌倉風致保存会設立

 

40年

1月

山本鎌倉市長(当時)が京都・奈良を訪問し、古都保存問題について懇談

 

 

3月

関係都市自民党国会議員有志で「古都保存世話人会」を結成。第1回世話人会を開催

 

 

5月

神奈川県・奈良県・京都市・奈良市・鎌倉市の首長等により、第1回古都保存連絡協議会を開催、古都保存を目的とする立法措置推進を決議、関係国会議員に要望

 

 

8月

第2回古都保存連絡協議会を開催
自民・社会・民社三党共同の議員提案方式による立法化を強く要請し、関係国会議員も了承

 

 

 

三党共同第1回古都保存常任世話人会を開催

 

 

12月

23日、第51回通常国会に超党派の議員立法として法案提出29日可決、成立

 

41年

1月

13日、古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法(古都保存法)公布

 

 

4月

15日、古都保存法施行

 

 

12月

歴史的風土保存区域695haを指定

 

42年

3月

歴史的風土特別保存地区226.5haを指定

 

48年

2月

歴史的風土保存区域248haを追加(計943ha)

 

50年

4月

歴史的風土特別保存地区39haを追加(計265.5ha)

 

52年

1月

古都保存法10周年記念の集い開催

 

61年

10月

古都サミット開催(古都保存法20周年記念)

 

 

12月

歴史的風土保存区域13haを追加(計956ha)

 

62年

11月

古都保存20年のあゆみ展開催

 

63年

6月

歴史的風土特別保存地区305.1haを追加(計570.6ha)

平成

元年

11月

鎌倉古都展「いま考える日本の古都」開催

 

12年

3月

歴史的風土保存区域33haを追加(計989ha・・・逗子分6.8ha含む)

 

15年

10月

歴史的風土特別保存区域3.0haを追加(計573.6ha)

 

18年

10月

古都保存法施行40周年記念事業「次世代にどう伝える、古都鎌倉」開催

 

28

12

「古都保存法施行50周年記念シンポジウム」開催(京都市)

詳細はこちら( 外部サイトへリンク )

古都保存法10周年記念の集い

古都保存法が実際に運用されて10年が経過し、規制する側、規制を受ける側もいろいろな問題が出てきた中、昭和52年1月13日鎌倉パークホテルにおいて、行政と関係市民とで問題点について話し合いが行われました。
翌14日には、鶴岡八幡宮裏の「御谷」において、古都保存法10周年記念柱及び植樹式が行われ、「古都保存法発祥の地御谷」なる記念柱の建立と、「記念植 樹」として、市の木「やまざくら」が植樹されました。

植樹式の写真

植樹式(正木鎌倉市長:当時)

現在の標柱の写真

現在の記念プレート

古都サミット

昭和61年10月に古都保存法制定20周年を記念して、神奈川県、鎌倉市、奈良県、奈良市、京都市の各首長が出席して開催され、古都保存の意義が確認されました。
また、共同声明の中で、「昭和64年鎌倉市で開催予定の「日本の古都展」の成功を期する。」旨の声明が採択されました。

古都保存20年のあゆみ展

昭和62年11月2日~17日にかけ、古都サミットで採択された昭和64年開催予定の「日本の古都展」に先立って、古都鎌倉の保存の一端を写真やパネルで紹介しました。

鎌倉古都展「いま考える日本の古都」

平成元年11月5日~11日にかけ、古都鎌倉の歴史的遺産である名刹を舞台にして、古都鎌倉の都市の文化や、人々の暮らしを探る光と音と座談の夕べ「鎌倉 古寺サロン」、鶴岡八幡宮での古都をほうふつさせる舞「かまくら舞踊絵巻」、古都鎌倉の象徴である大仏の前でのクラッシックやジャズの共演「古都大仏シンフォニー」、中世文化の精髄百余点を展示した「古都名宝百華撰」などに代表されるように、歴史的風土を生かした文化の香り高いイベントを実施しました。
また、このイベントの総まとめとして「鎌倉古都フォーラム」を開催し、歴史・都市・人間の関わりを探りながら、古都の未来について考察しました。

かまくら舞踏絵巻の写真

かまくら舞踏絵巻

古都大仏シンフォニーの写真

古都大仏シンフォニー

鎌倉古都フォーラムの写真

鎌倉古都フォーラム・・・鎌倉市中央公民館分館(当時) 

お問い合わせ

所属課室:都市景観部都市景観課風致担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

メール:keikan@city.kamakura.kanagawa.jp