ここから本文です。

更新日:2014年10月31日

下水道への接続

公共下水道の接続について

公共下水道の使用が可能で、処理開始の公示をした区域を「処理区域」といいます。処理区域になると
下水道法により速やかにその土地の下水を公共下水道に接続しなければなりません。
処理区域では、公共下水道に接続しないと新築・増改築の建築確認を受けることができませんのでご注意
ください。なお、処理開始の公示をしていない区域でも、公共下水道が使用できる区域がありますので
ご相談ください。

鎌倉市の公共下水道は、単独公共下水道です

鎌倉市は、市内に下水道終末処理場を2箇所設置しています。

鎌倉市の下水の排除方式は、分流式です

汚水と雨水を別々の管路系統で排除する方式が、分流式です。

汚水と雨水を同一の管路系統で排除する方式が、合流式です。

 

公共下水道の維持管理区分

kannri


排水設備は個人財産ですので、個人で維持管理しなければなりません。宅地内の排水管がつまったり、ますの蓋が壊れたなどの排水関係のトラブルが生じたら、直接鎌倉市下水道指定工事店へ連絡して修理を依頼してください。

工事の申し込み

公共下水道への接続工事は、鎌倉市下水道指定工事店でなければできません。(鎌倉市下水道条例)
申し込みは、直接鎌倉市下水道指定工事店へ
工事の申請及び補助金・貸付金の申請手続きは、指定工事店が代行します。
なお、共同私設下水道管の布設、改築または修繕工事や共同で使用している便所の
改造工事については、代表者を定めていただきます。

鎌倉市下水道指定工事店一覧表(PDF:297KB)

 

工事のあらまし

機能廃止した浄化槽・便槽は、し尿をくみ取り、消毒した後、土砂で埋めます。また、不要となった
浄化槽を雨水貯留槽として転用することも可能です。
便所・台所・風呂場等の汚水を集めて汚水ますに接続します。
工事に要する日数は、普通の住宅の場合3~4日で、便所が使えないのは1日くらいです。
工事が完了すると、検査済標を交付します。この際、公共下水道を使用するにあたっての『お知らせ』を
配付いたしますので、ご覧ください。また水洗便所にすると水道使用量が増えますので、水道の口径が
細い場合は、県鎌倉水道営業所(電話0467-22-6200)(外部サイトへリンク)にご相談ください。

水洗便所・排水設備の使用上の注意

ビニール・布くず・野菜くずのような溶けにくいものや、油・酸類は下水道管を詰まらせたり、
傷めたりする原因となりますので、流さないでください。
※生ごみを粉砕し、水といっしょに流す器具「ディスポーザー」は、使用できませんが、
処理槽を有するディスポーザーシステム等で、市長が認めるものは使用できます。(鎌倉市下水道条例)
※宅地内の下水道管や水洗便所の故障は、工事をした指定工事店に連絡してください。また、
これらの宅地内排水設備の維持管理は、使用されるかたが行ってください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:都市整備部下水道河川課下水道担当

電話番号:0467-61-3840

ファクス番号:0467-23-8520