ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 家庭系ごみの有料化、有料袋(指定収集袋)について > 腹膜透析実施者・ストーマ装具使用者に有料袋を配布開始

ここから本文です。

更新日:2017年11月8日

腹膜透析実施者・ストーマ装具使用者に有料袋を配布開始

平成27年10月20日から、次の「在宅医療ごみ」用に一定枚数の有料ごみ袋の配布を開始しました。

対象

対象者

  • 在宅で腹膜透析を実施している人
  • 在宅でストーマ装具を使用している人

減免対象となる「在宅医療ごみ」の例

  • CAPD用廃液バッグ
  • ストーマ装具
  • APD用バッグやチューブ・輸液ラインなど付随するもの

※中身をトイレに流し、有料ごみ袋に入れて「燃やすごみ」としてクリーンステーションへ

申し込み

鎌倉市日常生活用具給付事業対象の人(ストーマ装具使用者)

日常生活用具給付事業対象者宛(注)に市から通知文を郵送しました(平成27年10月1日時点の対象者)。
市からの通知文、本人確認ができる書類(障害者手帳など)、印鑑をごみ減量対策課(本庁舎1階)へ持参してください。
窓口で有料ごみ袋をお渡しします。

注:平成27年10月2日以降に日常生活用具給付事業対象となった方は下記申込み手続きが必要となります。

鎌倉市日常生活用具給付事業対象ではない人(主に腹膜透析実施者)

次の書類を市役所に提出し、申込み手続きを行ってください。
書類受領後、二週間前後で対象者に有料ごみ袋を送付します。

ご提出いただく書類

提出方法

  • 郵送
    〒248-8686鎌倉市御成町18番10号鎌倉市役所環境部ごみ減量対策課宛に郵送してください。
  • 窓口持参
    鎌倉市役所本庁舎1階27番窓口ごみ減量対策課まで持参してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境部ごみ減量対策課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3396

メール:gomi@city.kamakura.kanagawa.jp

※メールでのお問い合わせの際は、件名の入力をお願いします。