ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 『鎌倉市廃棄物の減量化、資源化及び処理に関する条例の一部改正について』への意見募集について(事業系ごみ処理手数料の改定)(意見募集終了)

ここから本文です。

更新日:2017年6月23日

『鎌倉市廃棄物の減量化、資源化及び処理に関する条例の一部改正について』への意見募集について(事業系ごみ処理手数料の改定)(意見募集終了)

意見募集は終了しました。

  鎌倉市廃棄物の減量化、資源化及び処理に関する条例の一部改正について、市民の皆様から貴重なご意見をいただきました。

  ご意見をお寄せいただいた方々に、厚く御礼申し上げます。

  意見募集の結果の概要といただいたご意見に対する市の考え方について、次のとおり公表します。

    1. 結果の概要(PDF:69KB)         
    2. 意見等の一覧表(PDF:245KB)

意見募集の内容(意見募集期間は終了しました。)

事業系ごみの焼却量は、年間1万1千5百トン前後を推移しており、焼却量全体の約3割を占めていることから、事業系ごみの削減は喫緊の課題となっています。事業系ごみの処理手数料は、事業者の自己処理の原則に基づき、受益者負担として処理にかかる費用(処理原価)と同額にすべきであると考えられています。

鎌倉市ではこれまで、近隣市との均衡、家庭系ごみ処理手数料との均衡、社会経済情勢などを考慮して、処理手数料の段階的な改定を行ってきました。

  このたび、さらなるごみの減量、資源化につなげ、事業者のごみ処理に伴う適正な費用負担を求めるために、事業系燃やすごみの処理手数料を増額改定します。

  鎌倉市の燃やすごみの処理原価(※)は約360円/10㎏であり、現在の処理手数料210円/10㎏と大きな差が生じています。

そのため、処理原価(※)、近隣市との均衡、段階的な改定に基づき、250円/10㎏に増額改定するものです。なお、鎌倉市が処分する産業廃棄物の処分費用についても、併せて210円/10㎏から250円/10㎏に増額改定します。

ただし、植木剪定材の処理原価(※)は約146円/10㎏であることから、現行の処理手数料130円/10㎏を据え置くこととします。

※ 処理原価は平成25年度から平成27年度までの平均額

改定時期

平成30年1月1日からを予定しています。 

意見応募用紙等

  • 意見応募チラシ(PDF:820KB
  • 応募用紙  (ワード:41KB
  • 鎌倉市廃棄物の減量化、資源化及び処理に関する条例の一部改正についての要旨 (PDF:761KB

意見募集期間

 平成29年4月17日(月曜日)から平成29年5月16日(火曜日)まで (期間内必着) 

提出方法

 提出先へ郵送・持参・FAX・Eメールにてお願いします。

  • 郵送 
    • 〠248-8686 鎌倉市御成町18番10号
    • 鎌倉市環境部ごみ減量対策課
  • 持参 
    • ごみ減量対策課(本庁舎1階27番窓口)、鎌倉生涯学習センター、中央図書館、腰越図書館、
    • 深沢図書館及び玉縄図書館
  • FAX
    • 0467-23-8700(代表)
  • Eメール
    • gomi@city.kamakura.kanagawa.jp

 意見書は応募用紙をご利用ください。応募用紙以外の書式でご提出される場合には住所、氏名、電話番号の記入をお願いします。

 FAX、Eメールの場合は必ず件名「鎌倉市廃棄物の減量化、資源化及び処理に関する条例の一部改正について」とご記入ください。

 電話や窓口での口頭によるご意見はご遠慮ください。(必ず書面にてお願いします)

提出できる方

 市内在住・在勤・在学者か本市に納税義務のある方など
(鎌倉市意見公募手続き条例第2条第1項第3号に規定された「市民等」)

意見等の公表

 いただいたご意見とそれに対する市の考え方は、個人情報(氏名、住所等)を除き、後日ホームページにて公表します。
個別回答はいたしませんのでご了承ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境部ごみ減量対策課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3396

メール:gomi@city.kamakura.kanagawa.jp