ここから本文です。

更新日:2019年7月8日

ごみの有料化について

 平成27年4月1日から燃やすごみと燃えないごみの有料化を実施しています。

 さらなるごみの減量と将来に向かっての安定的なごみ処理体制を確立するために必要な施策ですので、引き続きご理解・ご協力をお願いします。

 家庭系ごみの有料化につきまして、よくいただく質問と答えをまとめております。詳しくはよくある質問 ごみ・リサイクル 家庭系ごみ有料化をご覧ください。

平成30年度 有料袋による歳入の使い道

 平成30年4月~平成31年3月に流通した有料袋による歳入は次のとおり使用されています。

 310327tsumitate.jpg

参考資料等

ごみの有料化について(平成27年4月開始)

有料化するごみの品目は?(有料袋(指定収集袋)に入れて出すごみ)

有料化となるのは「燃やすごみ」、「燃えないごみ」です。

siteiomi

※他品目は今まで通り無料でお出しいただけます。
※育児・介護用の紙おむつ(ペット用は除く)、公共道路などの地域清掃によるごみは、今までどおり無料で収集します。生活保護世帯等については、減免を行います。
※事業活動に伴って排出されるごみは、地域のクリーンステーションには出せませんので、ご注意ください。

有料袋(指定収集袋)の値段は?

hukuronedan

※袋の大きさは4種類で、1セット10枚入りです。価格は税込みです。
※市内のスーパー、コンビニ、ドラッグストア等で販売しています(※取扱いのない店舗もあります)。

有料化実施にあたっての市の対応

 市民の皆様から寄せられたご意見に多くありました、不法投棄やクリーンステーションにおける不適切排出への懸念を解消すべく、排出状況の悪化が懸念されるクリーンステーション等において看板の設置や普及啓発活動を集中的に実施する予定です。
  また、有料化による手数料の使途については、市民の皆様からいただいた貴重な財源であり、何に使われたか明確にしてほしいとの要望もあり、有料化に係る経費の他、将来のごみ行政の大きな課題である新焼却施設の建設のための基金へ充当し、その使途を明確にします。 

戸別収集について

 市では戸別収集の実施を先送りし、平成27年4月から家庭系ごみの有料化を開始しておりましたが、このたび戸別収集の検証結果を踏まえ、戸別収集の今後の対応について決定いたしました。
 詳しくは記者発表資料「今後のごみ処理体制について」をご覧ください。

既に実施した説明会・イベント(概要含む)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境部ごみ減量対策課

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3396

メール:gomi@city.kamakura.kanagawa.jp

※ メールでのお問い合わせの際は、件名の入力をお願いします。