ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 収集日 > 年末年始、悪天候時などの資源物とごみの収集について

ここから本文です。

更新日:2016年12月13日

年末年始、悪天候時などの資源物とごみの収集について

年末年始の収集が無い日について

例年、年末年始の収集については、(年によって日程が前後する場合がありますが)通常12月29日、30日に特別収集(燃やすごみ等)を実施し、12月31日から1月3日までの期間は、資源物とごみの収集はありません。正式にはその年の年末年始の地区ごとの収集日、収集が無い日、燃えないごみの振替収集の日程などを、12月に発行される「広報かまくら」「鎌倉ごみ減量通信」等でお知らせしています。ホームページでは11月中に「年末年始資源物とごみの出し方のお知らせ」を公開予定です。

なお、12月から1月にかけては、資源物とごみの出される量が大変多くなるため、収集体制を変えて対応することがあります。普段の収集時間と大きく異なる地域が多くありますので、収集日の朝8時30分までに出すようにしてください。

ゴールデンウィーク、お盆、祝日の収集について

年末年始を除いて、月曜日から金曜日であれば、祝日・振替休日は収集があります。ゴールデンウィーク、お盆の期間も収集がありますので、ご利用ください。

悪天候時等の収集について

雨、風、雪の日でも収集します。
ただし、鎌倉市は狭隘な道や坂が多く、大規模な風水害や雪害が発生した際、大きなイベントがあった際、道路工事等で、ごみの収集車両が一部の地域のクリーンステーション等まで伺えない場合があります。

雨や雪の日の資源物とごみの出し方

布類について

布類は雨や雪の日に出せません。
古布・衣類は濡れると資源化できませんので、ごみとしてやむを得ず焼却処分することになります。ビニール袋に入っていても雨の日にはお出しになれません。次回の収集日にお出しください。
また、雨が降りそうな日もお出しにならないよう、ご協力をお願いします。

紙類(新聞・雑誌・ダンボール・ミックスペーパーなど)について

紙類の日に出す新聞・雑誌・ダンボール・ボール紙やミックスペーパーは濡れてもだいじょうぶです。
ビニール袋などに入れず、晴れた日と同じように出してください。

その他の資源物とごみの出し方

雨や雪の日も、晴れた日と同じように出してください。

風の日の資源物とごみの出し方

散乱しないようにお願いします。
強風で出した資源物やごみが散乱しそうな場合は次回の収集日にお出しください。

飲食用カン・ビンのコンテナについて

悪天候等により、飲食用カン・ビンのコンテナが事前に配布されなかった場合には、排出を次回以降まで控えていただくか、やむを得ず出される場合には、飲食用カン・ビンにそれぞれ分けて袋に入れて、ご利用のクリーンステーションにお出しください。

お問い合わせ

所属課室:環境部ごみ減量対策課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3396

メール:gomi@city.kamakura.kanagawa.jp

※ メールでのお問い合わせの際は、件名の入力をお願いします。