ホーム > 市政情報 > 鎌倉市名誉市民

ここから本文です。

更新日:2018年4月9日

鎌倉市名誉市民

 鎌倉市では、本市に居住する方若しくは本市に居住していた方で、学術技芸その他文化の振興及び地方自治の進展に貢献し、その功績が非常にすぐれ世の尊敬を受ける方に対して、鎌倉市名誉市民の称号を贈呈しています。
名誉市民の称号の贈呈は社会文化の興隆に功績があった方に対しその功績と栄誉をたたえ、もって本市の社会文化の興隆に資することを目的としています。
名誉市民は、市長の委嘱する鎌倉市名誉市民選考委員会の推挙を経て、市議会の議決により決定します。

 鎌倉市名誉市民一覧

   
氏名、職業、名誉市民決定(議決)日、主な賞歴等、その他の順に記載しています。

 敬称は略させていただきます。

 

 1 川端 康成(かわばた やすなり)

 作家

昭和44年9月30日

ノーベル文学賞(昭和43年)、文化勲章(昭和36年)1、茨木市名誉市民(昭和44年)

昭和47年4月16日逝去

1川端康成氏は文化勲章受章により文化功労者としての資格も有しています。

 

2 小倉 遊亀(おぐら ゆき)

日本画家

平成7年9月14日

文化勲章(昭和55年)、文化功労者(昭和53年)、大津市名誉市民(昭和56年)

平成12年7月23日逝去

3 横山 隆一(よこやま りゅういち)

漫画家

平成8年9月13日

文化功労者(平成6年)、高知市名誉市民(平成8年)

平成13年11月8日逝去

4 加瀬 俊一(かせ としかず)

外交評論家

平成10年9月22日

初代国連大使

平成16年5月21日逝去

5 永井 路子(ながい みちこ)

作家

平成10年9月22日

直木賞(昭和39年)、神奈川文化賞(昭和59年)、NHK放送文化賞(平成9年)、古河市名誉市民(平成15年)

現在東京都在住

6 吉田 秀和(よしだ ひでかず)

音楽評論家

平成19年9月7日

紫綬褒章(昭和57年)、勲三等瑞宝章(昭和63年)、神奈川文化賞(平成2年)、文化功労者(平成8年)、文化勲章(平成18年)

平成24年5月22日逝去

7 蓮田 修吾郎(はすだ しゅうごろう)

金属造型作家

平成19年9月7日

日本芸術院賞(昭和37年)、紺綬褒章(昭和42年)、文化功労者(昭和62年)、文化勲章(平成3年)、金沢市名誉市民(平成4年)

平成22年1月6日逝去

8 平山 郁夫(ひらやま いくお)

日本画家

平成19年9月7日

日本美術院賞(昭和36年)、日本芸術大賞(昭和51年)、文化功労者(平成5年)、文化勲章(平成10年)、広島市名誉市民(平成10年)

平成21年12月2日逝去

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課室:共創計画部秘書課秘書担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-23-3000

ファクス番号:0467-23-8700