ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 子育て支援 > 鎌倉市家庭的保育(保育ママ)について

ここから本文です。

更新日:2014年3月16日

鎌倉市家庭的保育(保育ママ)について

   家庭的保育事業は、保護者が仕事や病気などの理由により、家庭で児童を保育することができない場合に、児童福祉法に基づき、市で認定している家庭的保育者が、自宅の居室等で児童を保育する制度です。 
   家庭的保育者1人につき3人(補助者といっしょに保育する場合は5人)を限度としてお預かりします。大人数で集団保育をする保育園とは違い、少人数で家庭的な雰囲気の中で行う保育が特長です。 

家庭的保育事業を利用するには

入所要件

  1. 鎌倉市民(市内在住者)かつ
  2. 保護者及び65歳未満の同居の親族が児童の保育園にあたれないこと 

就労
(居宅外・居宅内)

保護者等が、1日5時間以上かつ月15日以上居宅外(居宅内)で労働していること又は1日の勤務時間が平準化している場合で、月75時間以上居宅外(居宅内)で労働していること。(居宅外労働の場合は、通勤時間を含まない。)

妊娠・出産

保護者が妊娠中であることまたは出産後間もないこと

疾病・負傷・障害

保護者等が疾病・負傷・障害による入通院や自宅療養等のため、保育に当たれないこと。

介護

保護者等が、疾病又は心身に障害がある同居又は別居の者を、1日5時間以上かつ月15日以上または1日の介護時間が平準化している場合で、月75時間以上の介護(入通院の付き添い、通学の援助など)をしているため、保育にあたれないこと。ただし、当該保護者の三親等以内の親族を対象としたものに限る。

災害の復旧

保護者等が災害の復旧に当たっており、保育ができないこと。

就学

就学を要件とする場合は、就労と同等の時間、日数が必要。

対象児童

生後6か月以上で3歳未満(平成25年度内に3歳に達する者を含む)の児童

 

保育実施日及び保育時間

実施日 土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)を除く毎日
保育時間

基本時間は8時から18時までの時間において、1日概ね8時間

(8時間を超えての保育を希望する場合は、保護者と家庭的保育者の間で相談をし、利用の可否や保育に係る費用について書面で約束を交わします。)

 

保育者及び保育場所等

家庭的保育者氏名

深見  葉子

開所年月日

平成24年7月

保育実施場所

鎌倉市長谷五丁目

JR鎌倉駅東口より藤沢駅方面行きバス

大仏前下車  徒歩5分

児童数

最大5名

連携保育所名

稲瀬川保育園

保育料について

保育料は、利用者世帯の前年の所得税額(場合によって市民税額)課税状況により決定します。保育料は下記の「保育料基準額表」を参照してください。

持ち物について

次のものについては、保護者の方にご用意いただきます。
(状況に応じてご用意いただくものは変更になることがあります)

 

弁当 オムツ(お尻拭き) 敷ふとん
粉ミルク 着替え 掛けふとん
哺乳瓶 エプロン タオルケット
おやつ ビニール袋 バスタオル
飲み物 タオル(口ふき、手ふき)  等
コップ ティッシュペーパー  

・使用後のオムツは、持ち帰っていただきます。

市によるサポート体制

   稲瀬川保育園を連携保育所とし、家庭的保育のサポート等を行います。連携保育所の主な役割としては、1.定期健康診断の実施、2.集団保育の体験(対象児童の年齢等による)、3家庭的保育者が保育できない場合の代替え保育を実施します。
   なお、代替え保育の実施については、稲瀬川保育園の状況により、他の公立保育園になる場合があります。
   また、指導者研修を受けた保育士が、家庭的保育者宅への定期的な巡回を行い、家庭的保育者の相談に応じたり、保育内容への支援を行うことにより、保育の質の向上に努めていきます。

保育を実施できない場合について

   家庭的保育者の都合(急病や研修の受講等)により、保育を実施することができない場合があります。
  事前に家庭的保育を実施できない日がわかっている場合は、保護者の方にお知らせし、連携保育所において保育を実施いたします。その場合については、保護者の方に送り迎えを行っていただきます。
   また、万が一、家庭的保育者が急病等により突然保育ができなくなった時には、連携保育所に移動して保育を実施いたしますので、保護者の方には連携保育所までお迎えに来ていただくことになります。

利用申し込みについて

家庭的保育の利用を希望される方は、保育課へ申込みをしていただきます。

提出書類

   次の書類を保育課(市役所1階31番窓口)へ提出してください(郵送不可)。

【必ず提出が必要なもの】

利用申込書

家庭的保育事業利用申込書(PDF:80KB)

保育に欠ける状況を証する書類

保護者(父母)及び65歳未満の同居の親族分

 

就労中

就労証明書等

妊娠中・出産後

母子手帳のコピー

疾病・負傷・障害

診断書等

介護(看護)

診断書、状況申告書等

その他

保育に欠けることが証明できる書類

保育料を算定するための税金関係資料

(父と母が就労していない場合や、一定の収入が無い場合は、同居の祖父母の資料を提出していただく場合があります。)

平成25年に所得税が課税されている世帯はア、イを提出してください。

平成25年に所得税が課税されていない世帯は、ア、イ、ウを提出してください。

 

ア.「課税台帳確認等同意書 兼 扶養親族申告書」(市指定用紙)  

イ. 平成25年分源泉徴収票 又は 確定申告書(控)のコピー

  • 控除対象配偶者となっている方の書類は、必要ありません。
  • 給与所得者であっても確定申告をしなければならない方や、医療費控除等で税金の還付を受ける方は、確定申告書(控)のコピーを提出してください。
  • 所得税が両親ともに課税されていない場合は、「ウ」をあわせて提出してください。

ウ. 平成25年度(平成24年分所得)の市(区・町・村)民税課税証明書

  • 平成25年1月1日に住民登録のあった市区町村で証明書の発行を受けてください。(平成25年中に所得税が課税されている方、平成25年中に控除対象配偶者となっている方の証明書は、必要ありません。)

 

(ご注意)※特別な理由なく期日までに必要書類が提出されない場合は、希望日に入所できない場合があります。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:こどもみらい部保育課保育担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3894

メール:kodomo@city.kamakura.kanagawa.jp