かまくら観光 > 海の家について

ここから本文です。

更新日:2017年7月10日

海の家について

平成29年7月7日(金)追記 海の家「AISEKI BEACH HOUSE」について

由比ガ浜茶亭組合より、海の家「AISEKI BEACH HOUSE」が由比ガ浜海水浴場から撤退する旨の報告がありました。
市としましても、平成29年6月30日(金)に下記のとおり海の家についての考え方を公表しており、また、市議会においても議員提出議案の「由比ガ浜海水浴場における海の家の健全な営業を求める決議について」が可決されたところです。
引き続き、市としては、明治初期から続く伝統ある鎌倉の海水浴場が、今後も多くの人から愛され続けるために、海水浴場にかかわる全ての人とともに「他人を思いやり、お互いに快適に楽しめる海水浴場」づくりに努めてまいります。

平成29年6月30日(金)掲載内容

今年も7月1日から海水浴場を開設します。
鎌倉市では家族が安心して楽しめる海水浴場を目指して、様々な取り組みを進めてきました。
しかし、この鎌倉の海水浴場の雰囲気に相応しくないと思われる海の家が建設されています。SNSなどでも話題となっているようで、ご存知の方も多いかと思います。

そもそも海の家は、海水浴場に来られた方々が着替えや、休憩、食事などをするための施設です。時代の変化とともに、海水浴客のニーズも多様化し、海の家の役割や営業内容も少しずつ変わってきていますが、鎌倉市が大切にしている「他人を思いやり、お互いに快適に楽しめる海水浴場」という考え方に変わりはありません。

海の家は、神奈川県保健福祉事務所から飲食店や更衣休憩所の営業許可を受け、また神奈川県藤沢土木事務所から海岸使用の許可を受けて営業を行うこととなります。
鎌倉市には、海の家の出店や営業形態を規制する法的な権限はありませんが、海水浴場の開設者という立場から、出店事業者に対して鎌倉の海水浴場にふさわしくない海の家の出店の取り止めや、営業形態の変更を申し入れていますが、現時点では、出店事業者は、これには応じておりません。

市としては、明治初期から続く伝統ある鎌倉の海水浴場が、今後も多くの人から愛され続けるために、海水浴場に関わる全ての人とともに「他人を思いやり、お互いに快適に楽しめる海水浴場」づくりに努めてまいります。

 

 

お問い合わせ

所属課室:市民活動部観光商工課観光担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3884

メール:kankou@city.kamakura.kanagawa.jp