ホーム > くらし・環境 > 動物 > 外来動物 > 市内に生息する外来生物について

ここから本文です。

更新日:2010年12月9日

市内に生息する外来生物について

アライグマ

食肉目

アライグマ科

体長

尾長

40~60センチメートル

20~40センチメートル

体重

原産国

4~10数キログラム

北アメリカ

食性

雑食性で、果実・野菜・家禽・小動物・野鳥の卵・野鳥のひな・魚・ドッグフード・キャットフード・生ごみなど食べられるものなら何でも食べる。

特徴

体毛は白毛混じりの灰褐色。尾は褐色と黒色が互い違いにリング状になった縞模様。目の周りから頬にかけてと鼻の色は黒色で、目の上と鼻先にかけては白色。耳は立っており、白っぽく枠どりされているようになっている。手の指5本で人間の手のひらのように分かれており、鋭い爪が伸びている。森林などに棲み、夜間に餌を求めて徘徊する。

市内で発生している主な被害

庭の果実、家庭菜園や畑の作物を食べる。池の鯉や金魚を食べる。家禽を襲う。猫や犬などペットを傷つける。屋根でため糞をしたり、住居へ侵入し天井裏でため糞や放尿する。繁殖期には天井裏で出産する。

ハクビシン

ハクビシンの写真

食肉目

ジャコウネコ科

体長

尾長

40~60センチメートル

40~60センチメートル

体重

原産国

1.5~5キログラム

ヒマラヤ~インドシナ、中国東南部、台湾

 食性

果実・野菜・昆虫・小動物・魚など

特徴

体毛は、茶褐色で、鼻は梅干のような色をしている。鼻先から頭頂部にかけて白い線が入っているのが際立った特徴(ここに名前の由来がある)。手足は猫のようである。尾は茶褐色で細く長い。体形は猫に似ているが、顔立ちは鼻先に向けてとがっている。森林などの樹上に棲み、夜間に餌を求めて徘徊する。電線を伝わって移動するのを目撃されていることから、非常に身軽である。

市内で発生している主な被害

庭の果実、家庭菜園や畑の作物を食べる。池の鯉や金魚を食べる。屋根でため糞をしたり、住居へ侵入し天井裏でため糞や放尿する。繁殖期には天井裏で出産する。

タイワンリス(クリハラリスの台湾固有亜種)

 タイワンリスの写真

げっし目

リス科

体長

尾長

15~20センチメートル

10~15センチメートル

体重

原産国

0.5~1.0キログラム

台湾

食性

果実・木の実・椿の花など植物系

特徴

森林などの樹上に棲み、枝から枝へ飛び移るなどして移動する。電線を伝わって移動するのも目撃されている。家屋の垂直な外壁や雨どいなどつるつるしたところでも登れる。

市内で発生している主な被害

果実を食べる。山林や庭木の樹皮をかじり樹木が立ち枯れする。戸袋など建物をかじる。戸袋などに木の枝や葉を持ち込み営巣し出産する。電線や電話線などをかじる。

お問い合わせ

環境保全課 動物保護管理担当
電話 0467-61-3389 (直通)