ホーム > くらし・環境 > 動物 > 外来動物 > 外来生物による被害

ここから本文です。

更新日:2015年10月29日

外来生物による被害

有害鳥獣による被害でお困りの方へ

本市では、市民等の皆様からアライグマ、ハクビシン、タイワンリスなどの目撃情報や被害のご相談を受けています。現地調査が必要と思われる場合には職員が現地に赴き、被害の調査を行い防除対策等を説明しています。

有害鳥獣の捕獲を希望される方へ

捕獲用檻(はこわな)の貸出を希望される方や、すでにご自身で捕獲用檻(はこわな)を所有し有害鳥獣の捕獲を行いたい方は、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」に基づく捕獲等許可申請(ハクビシン)を、または「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」に基づく捕獲等の届出(アライグマ・タイワンリス)をしなければなりません。

※アライグマについては県が、タイワンリスについては市が主体となり、外来生物法に基づく防除実施計画を策定して、環境省の確認を受けたため、被害の有無にかかわらず捕獲が可能となっています。

被害にお困りの方は、環境保全課へご相談ください。

 被害トップアライグマによる被害ハクビシンによる被害タイワンリスによる被害

お問い合わせ

環境保全課 動物保護管理担当
電話 0467-61-3389 (直通)