ホーム > くらし・環境 > 動物 > 害虫・駆除 > ハチの巣の駆除

ここから本文です。

更新日:2018年3月19日

ハチの巣の駆除

平成27年度より市では比較的どう猛なスズメバチの巣の駆除を委託業者により有償にて行います。1件つき4,320円(税込)の自己負担となります。また巣の駆除が困難な場所においては追加料金が生じることがあります。

なお、比較的おとなしいアシナガバチの巣の駆除は行なっていません。

 

アシナガバチの巣

初期のスズメバチの巣

アシナガバチの巣

初期のスズメバチの巣

アシナガバチの巣の駆除方法

アシナガバチの巣を駆除するときは、気をつけて次の手順で行なってください。

用意するもの

  • ハチ・アブ用のスプレー式殺虫剤
    (薬局、ホームセンター等でご用意ください)
  • 防護用の衣服 ・・・肌の露出をなくします
    (雨合羽、ゴム手袋、顔面を覆う手拭など)

手順

  1. 昼間、2~3mまで近寄り、巣を確認します。植込みや樹木に巣があるときは、枝などを揺するとハチが飛び立つことがあるので注意します。
  2. 早朝又は日没後、防護用の衣服を身に着け、風上から2~3mまで近寄り、巣に向かって殺虫剤を噴霧します。噴霧時間は、ハチの数によって数秒~10秒くらいです。殺虫剤がハチにかかるとハチは落ちるか飛び立ちます。飛 び立ったハチも殺虫剤が接触していれば後に死にます。死んだハチも反射的に毒針を出すことがありますので、 素手で触らないで下さい。
  3. 巣にハチがいなくなったのを確認して巣を除去します。巣から離れていたハチがいると、戻ってくるので注意してください。除去した巣やハチは、燃やすごみとして出してください。
  4. 巣から離れていたハチが戻ってきて、巣のあった付近を飛ぶことがあります。巣のあった付近に殺虫剤を噴霧しておけば、いなくなります。

自分での駆除が困難な場合

  • 専門機関を紹介しています。

      

スズメバチの基礎知識

     

お問い合わせ

所属課室:環境部環境保全課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3444