ホーム > ペット > 飼い猫の不妊去勢手術の補助について

ここから本文です。

更新日:2016年3月31日

飼い猫の不妊去勢手術の補助について

猫がみだりに繁殖して適正な飼養を受ける機会が与えられないまま、遺棄されることを防止するため、市民の

飼い猫が不妊去勢手術を行った場合、その費用の一部を補助する制度があります。

(本年度の予算がなくなり次第終了します。)

※平成28年度 飼い猫の不妊去勢手術補助金の申込み受付を始めました。     (平成28年4月1日)

 

要件

  1. 補助対象者は、市内に居住し住民基本台帳に登録されている者とする。
  2. 補助対象者が飼育する猫であること。
  3. 生後3ヶ月以上の猫であること。
  4. 湘南獣医師会会員もしくは鎌倉市内の動物病院で手術を行ったものであること。 

補助金額等

不妊去勢手術費用の20%の金額に相当する額。ただし、雄2,500円、雌4,000円を限度とします。

一世帯あたり、年間飼い猫2匹を限度とします。

申請手続き

手術後30日以内に、「動物愛護推進事業補助金交付申請書」に、動物病院が発行した手術費計算書を添付し、環境保全課で手続きをしてください

補助金は、口座振込みとなりますので、預金口座番号・認印をご持参ください。

手術を湘南獣医師会会員病院で行なう場合は、申請書の受付も獣医師のところで行います。

 

お問い合わせ

環境保全課 動物保護管理担当/0467-61-3454