かまくら観光 > トピックス一覧 > 【寄附目標額達成!】「知られざる鎌倉」発掘プロジェクト第2弾!漫画「鎌倉ものがたり」一色先生の足跡板設置プロジェクト!

ここから本文です。

更新日:2018年2月21日

【寄附目標額達成!】「知られざる鎌倉」発掘プロジェクト第2弾!
漫画「鎌倉ものがたり」一色先生の足跡板設置プロジェクト!

H29GCFbanner( 外部サイトへリンク )

鎌倉市は、特定地域に観光客が集中することによって起こっている歩道の混雑や車道の渋滞などの緩和のため、
集中している観光客の分散化を推進しています。

この度、前年度実施した「知られざる鎌倉」発掘プロジェクト第1弾、「鎌倉これあらた(維新)」に続き、
鎌倉の中で比較的に知られていない観光スポットを紹介するにあたり、多くの方にこれを知っていただくため、
昨年実写映画が公開され話題の、ここ鎌倉を舞台として30年以上もの長きにわたり愛され続けている、
漫画「鎌倉ものがたり」の作者、西岸良平氏に協力を呼びかけました。
これに対し西岸氏からは「是非、作品を住民のためにご活用ください」とご快諾をいただくことができ、
本プロジェクトが実現することとなりました。

皆様からいただいた温かいご寄附を基に、漫画「鎌倉ものがたり」の中に描かれるユーモラスな「鎌倉」と、
現実の歴史ある「鎌倉」この2つを一度に楽しめる案内板を設置するプロジェクトです。
これをきっかけに、多くの方に色々な「鎌倉」の景色を知り、そして魅力を感じていただきたいと考えています。

平成30年2月19日(月曜日)10時更新:寄附目標額を達成しました!

プロジェクト公開から20日目の平成30年2月17日(土曜日)、遂に寄附目標額を達成しました!
寄附くださった皆様、この取り組みをお伝えくださった皆様、応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました!

設置場所等については、今後も引き続き、こちらのページでご案内させていただきます。
今後とも変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

平成30年2月9日(金曜日)18時更新:寄附目標額の約60%を達成しました!

プロジェクト公開から二度目の週末を目前に控え、皆様からのご寄附が目標の約60%を達成しました。
これも皆様からの温かいご支援の賜物です。本当にありがとうございます。

最近、新聞をご覧になられた方からのお問い合わせで、
「インターネットを使わずに現金での寄附はできないのか」というご質問をよくいただきます。
大変申し訳ございませんが、今回のプロジェクトについてはインターネットを経由してのご寄附のみとなります。
もしも身近にインターネット環境がない場合には、市役所本庁舎入口そばの「ふるさと寄附金推進課」にて、
職員が端末操作をサポートしながらご寄附いただくこともできます。
お気軽にお問い合わせください。

引き続き、皆様からのご支援をお待ちしております。

平成30年2月7日(水曜日)17時更新:設置場所紹介第1回「鎌倉国宝館」

プロジェクト公開から10日目を迎え、段々と設置場所の調整がついてまいりました。
これから少しずつ、設置場所の紹介をしていきたいと思います。

第1回は、鶴岡八幡宮境内に位置する市の博物館「鎌倉国宝館」です。

鎌倉国宝館は大正12年の関東大震災により、多くの貴重な文化財が失われたことを契機に、災害から由緒ある文化遺産を保護し、あわせて、これらの文化財を容易に見学できるよう昭和3年4月3日に開館した歴史・美術の博物館です。
鎌倉市域、近隣の社寺に伝来する彫刻・絵画・工芸・書跡・古文書・考古資料などさまざまな文化財のうち、代表的な作品の多くが寄託され、保管・展示をしています。

本館は国の登録有形文化財に登録されており、設計は日本銀行小樽支店や歌舞伎座の設計で知られる岡田信一郎が行いました。 外観は奈良の正倉院、内部は鎌倉寺院建築をイメージしています。
また、入り口の窓には、かつて「鎌倉市」が「鎌倉町」だったころの町章でもあった、星月のマークがかたどられたステンドグラス(小川三知作)がはめ込まれ、和風表現と近代的技法が調和しています。

鶴岡八幡宮の境内に位置する建物ではありますが、本宮や舞殿から離れた場所にあるため、足を運ばれたことのない方も多いのではないでしょうか。
この歴史ある博物館が「鎌倉ものがたり」ではどのように描かれているのか。ぜひ、あなたの目で見届けてください。

鎌倉国宝館ホームページ

平成30年2月5日(月曜日)15時更新:寄附目標額50%達成!

本プロジェクト開始から最初の土日を終え、迎えた月曜日。
皆様の温かいご支援のおかげで、早くも寄附目標額の50%を達成することができました。
ご支援いただいている皆様、誠にありがとうございます。

また、このプロジェクトを知った地元商店の方から、「鎌倉ものがたり」関連書籍セットが、
鎌倉市へのふるさと寄附金に対する返礼品として提供されることとなりました。
設置される案内板巡りのお供にいかがでしょうか。ご検討ください。

平成30年2月2日(金曜日)20時更新:寄附目標額の20%を達成しました!

平成30年1月29日(月曜日)の正午から寄附募集を開始した本プロジェクト。平成30年2月2日(金曜日)19時時点で早くも、寄附目標額100万円の20%を達成いたしました。これも皆様の温かいご支援の賜物です。ありがとうございます。

寄附募集期間は平成30年2月28日(水曜日)まで。引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。

ふるさと寄附金と連携することで、返礼品のお受け取りも可能になりました。

観光商工課では、平成25年度から毎年度、クラウドファンディングによる寄附金を活用した観光施設整備事業を進めており、寄附をいただいた方に対して、設置する案内板にお名前を刻むことで感謝の気持ちをお伝えしてきました。

その一方で、鎌倉市ではふるさと納税制度を活用した「ふるさと寄附金」の推進にも努めており、寄附をいただいた方には、鎌倉の地元企業などの魅力溢れる返礼品を感謝の気持ちとしてお渡ししています。

そこで、今年度実施する観光商工課のクラウドファンディングでは、寄附者の方に対し、より明確に感謝の気持ちをお示しするため、従来の案内板へのご芳名の記名に加えて、「ふるさと寄附金」でお受け取りいただける返礼品のうち一部もお渡しいたします。
皆様の温かいご寄付をお待ちしております。

※鎌倉市内在住者の方が返礼品をお受け取りになる場合は、30,000円以上の寄附が必要となります。ご注意ください。

寄附目標額

100万円

なお、本クラウドファンディングは目標額を達成できなかったとしても事業を実施し、
皆様への感謝を案内板に刻みます。

募集期間

平成30年1月29日(月曜日)から平成30年2月28日(水曜日)まで(予定)

なお、目標額100万円を達成した段階で、寄附募集は終了いたします。ご了承ください。

リンク

漫画「鎌倉ものがたり」一色先生の足跡板設置プロジェクトページ( 外部サイトへリンク )

鎌倉市ふるさと寄附金推進課ホームページ

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」内鎌倉市ページ( 外部サイトへリンク )

お問い合わせ

所属課室:市民活動部観光商工課観光担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3884

メール:kankou@city.kamakura.kanagawa.jp