ホーム > 産業・まちづくり > 観光 > 平成30年度鎌倉市訪日外国人観光客実態調査業務に係る公募型プロポーザルの結果について

ここから本文です。

更新日:2019年6月20日

平成30年度鎌倉市訪日外国人観光客実態調査業務に係る公募型プロポーザルの結果について

「鎌倉市訪日外国人観光客実態調査業務」を実施するに当たり、鎌倉市の今後の観光施策に資する訪日外国人観光客データの取得及びインバウンド施策等に係る提案を行えるだけの高度な観光知識、技術力、創造性及び構成力を持った事業者を選定するべく、公募型プロポーザルを実施いたしましたので、その結果を報告いたします。

【委託事業者】

株式会社サーベイリサーチセンター

【評価点】

762点(900満点)

【提案金額】

11,901,600円(税込)

【契約金額】

11,901,600円(税込)

【全提案者の名称(申込順)】

  • 株式会社ゼロイン
  • 株式会社サーベイリサーチセンター
  • 株式会社日本旅行
  • 株式会社ケー・シー・エス
  • 中外テクノス株式会社

【全提案者の評価点(得点順)】

  • 762点
  • 691点
  • 634点
  • 580点
  • 571点

【最優秀提案者の選定理由】

株式会社サーベイリサーチセンターの提案は、本市を訪れる観光客の特定地域、時間、季節への集中化など鎌倉の観光課題への理解ができており、これまでの調査実績や経験に基づく確実な業務進行が期待できるものでした。
また、本市の観光についての実態の把握のみならず、観光振興に対する市民理解のさらなる醸成に繋がるようなデータの取得といった内容まで踏み込んでおり、これらの提案内容が他者に比べて評価が高く、最優秀提案者として、株式会社サーベイリサーチセンターを選定しました。

【選定委員の氏名及び選任理由】

鎌倉市訪日外国人観光客実態調査業務実施事業者選定委員会設置要綱(PDF:102KB)」に基づき以下の者を選定委員としました。

【委員長】奈須菊夫(市民生活部長)

【委員】廣川智久(共創計画部企画計画課長)

【委員】髙木賢一郎(共創計画部東京オリンピック・パラリンピック担当担当課長)

【委員】内田彰三(共創計画部広報広聴課長)

【委員】髙木明(歴史まちづくり推進担当担当課長)

【副委員長】廣川正(市民生活部観光課長)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部観光課観光担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3884

メール:kankou@city.kamakura.kanagawa.jp