ホーム > くらし・環境 > 生活環境 > 環境政策 > 地球温暖化・エネルギー対策 > 鎌倉市電力の調達契約に係る環境配慮の実施について

ここから本文です。

更新日:2017年8月25日

鎌倉市電力の調達契約に係る環境配慮の実施について

趣旨

平成12年の電気事業法改正により電力供給等について競争原理が導入され、一般電気事業者だけでなく特定規模電気事業者(PPS)による供給も可能となりました。しかし、電気事業者によって、発電に伴う二酸化炭素排出係数や新エネルギーによる発電量など、環境配慮の状況が異なっています。

「国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律(平成19年法律第56号)」では、地方公共団体の責務として、温室効果ガス等の排出の削減を図るため、エネルギー供給の合理的かつ適切な使用等に努めるとともに、経済性に留意しつつ価格以外の多様な要素も考慮して、温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に努めることを規定しています。

そこで、鎌倉市が行う電力調達契約に係る入札参加資格の判定に際し、電気事業者の電力供給事業における環境配慮の状況について、環境評価項目を基準とした評価を実施することとしました。

お知らせ(平成26年度の受付は終了しました)

【電気事業者のみなさまへ】

本市施設における電力調達契約の入札は、平成26年10月に実施予定です(電力受給は平成27年2月から)。

この入札に参加の意向がある場合は、平成26年8月18日月曜日から平成26年9月5日金曜日までに、上記の様式第1号を、鎌倉市環境政策課まで郵送(平成26年9月5日必着)くださるか、同課窓口までお持ちください。

【送付先】

〒248-8686

鎌倉市御成町18-10

鎌倉市環境部環境政策課

【環境政策課窓口】

本庁舎1階28番窓口(午前8時30分から午後5時15分、土・日曜除く)

お問い合わせ

所属課室:環境部環境政策課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3421

メール:kankyo@city.kamakura.kanagawa.jp