ホーム > 旧華頂宮邸フォトギャラリー

ここから本文です。

更新日:2012年1月31日

旧華頂宮邸フォトギャラリー

外観

玄関側(北側)からの風景

旧華頂宮邸は、戦前の洋風住宅建築としては神奈川県内で鎌倉文学館(旧前田侯爵邸)に次ぐ大規模なものといわれています。建築様式は、15世紀から17世紀のヨーロッパの民家に多く用いられたハーフティンバー様式で、端正で古典的です。

夜の旧華頂宮邸(南側)

旧華頂宮邸は、宅間ヶ谷(たくまがやつ)という谷戸の奥にあり、閑静な住宅地と緑に囲まれています。夜間の旧華頂宮邸はひっそりと厳かな雰囲気に包まれます。

庭園と谷戸

庭園は、幾何学的なフランス式庭園であり、バラやアジサイなど四季折々の花や緑を楽しめます。また、借景として、妙本寺・衣張山特別保存地という、素晴らしい自然景観を有する建物です。

次へ

お問い合わせ

所属課室:まちづくり景観部都市景観課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-61-3477

メール:keikan@city.kamakura.kanagawa.jp