ホーム > 市政情報 > 国・県の施策 > 構造改革特区制度を活用した市の取組について

ここから本文です。

更新日:2016年4月20日

構造改革特区制度を活用した市の取組について

鎌倉市が取り組んでいる構造改革特区制度を活用した取組についてお知らせします。

構造改革特区とは

  • 実情に合わなくなった国の規制が、民間企業の経済活動や地方公共団体の事業を妨げていることがあります。構造改革特区制度は、こうした現在の実情にそぐわない国の規制を、地域を限定して改革することによって、構造改革を進め、地域を活性化させることを目的とする制度です。(内閣官房地域活性化統合事務局パンフレットより)
  • 構造改革特区の詳細は内閣府「地方創生推進室」のページ( 外部サイトへリンク )をご覧ください。

 

構造改革特区を活用した市の取組について

公職選挙法における「地方公共団体の長の任期の起算の特例」を適用しないこととする提案について

  ・平成22年7月の提案

  ・平成24年2月の提案

  ・平成24年10月の提案

 

お問い合わせ

所属課室:経営企画部経営企画課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-23-3000

内線:2634

ファクス番号:0467-23-8700

メール:keiki@city.kamakura.kanagawa.jp