ここから本文です。

更新日:2017年7月26日

英勝寺(えいしょうじ)

鎌倉唯一の尼寺として知られています。

ここはもと江戸を開いた太田道灌(どうかん)の屋敷があった所です。

太田道灌の子孫康資の娘で、徳川家康の側室となったお勝局(おかつのつぼね)が1636年(寛延13年)に完成させました。

昔は水戸御殿と呼ばれた程、格式の高い寺です。

江戸時代初期の創建当時のまま現存していう点で価値があることで知られています。

英勝寺の絵 島田正(木版うらら会)

  • 鐘楼、仏殿、唐門、祠堂(いずれも創建当初の建物)

eishoji.

萩原輝治(日本美術家連盟会員)

宗派

浄土宗

場所

扇ガ谷 1-16-3

鎌倉駅下車 徒歩12分