本文へジャンプします。

文字サイズ
拡大
縮小
  • 色合いの変更
  • 音声読み上げ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • English
  • 한국어
  • 中文简体
  • ホーム
  • 防災・防犯
  • くらし・環境
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2012年2月17日

極楽寺

ごくらくじ

か行 17/24 五十音順に前を見る 五十音順に次を見る

鎌倉唯一の真言律宗のお寺です。
1259年(正元元年)に北条義時(よしとき)の三男、重時(しげとき)が建立しました。
重時は完成を待たずに亡くなりましたが、その子の長時(ながとき)、業時(なりとき)が完成させました。
その後、鎌倉有数の大寺として隆盛を保ってきましたが、地震や大風、火事などに苦しめられ、現在では当時の広い境内の大部分は住宅地に変わり、本堂となっている吉祥院のみが残っています。

  • 極楽寺特別拝観[釈迦如来特別御開扉(4月7~9日)・忍性菩薩御廟特別参拝(4月8日)など]

極楽寺の絵

萩原輝治(日本美術家連盟会員)

 宗派

真言律宗

場所

極楽寺 3-6-7
江ノ電 極楽寺駅下車 徒歩3分

 

ページの先頭に戻る