ホーム > かまくらキッズページ > 史跡がいっぱい! > 浄妙寺(じょうみょうじ)

ここから本文です。

更新日:2016年4月26日

浄妙寺(じょうみょうじ)

鎌倉五山の第五位。

この寺は鎌倉幕府の重臣、足利義兼(あしかがよしかね)が1188年(文治4年)に建てられました。

初めは真言宗の極楽寺といいましたが、義兼の子、義氏(よしうじ)の時に臨済宗に改められ、後に寺名も浄妙寺となったと伝えられています。

室町時代には多数の塔頭(たっちゅう)を持つ大寺院でした。

  • 伝足利貞氏墓・宝篋印塔(市指定)。喜泉庵の庭と茶席(有料)。開山堂

浄妙寺の絵

萩原輝治(日本美術家連盟会員)

宗派

臨済宗建長寺派

場所

浄明寺 3-8-31

  • 鎌倉駅下車 徒歩25分
  • 鎌倉から十二所方面行きバス 浄明寺下車 徒歩3分

 

関連リンク