ホーム > かまくらキッズページ > 史跡がいっぱい! > 銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ(ぜにあらいべんてん))

ここから本文です。

更新日:2016年4月26日

銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ(ぜにあらいべんてん))

天下安泰を願う源頼朝に、巳の年の1185年(文治1)、巳の月巳の日の夜、「この水で神仏を供養すれば天下は太平に治まる」という夢のお告げがあり建てられたと伝えられています。

その後、北条時頼が銭をここの水で洗って一家繁栄を祈ったことにならい、人々が銭を洗って幸福利益を願うようになったといわれています。

今でも小さなザルにお金を入れて洗う参拝客が絶えません。

銭洗水は鎌倉五名水の一つに数えられています。

  • 金子一峰句碑

銭洗弁財天宇賀福神社の絵

萩原輝治(日本美術家連盟会員)

 

場所

佐助 2-25-16

鎌倉駅下車 徒歩20分

 

関連リンク