ここから本文です。

更新日:2016年4月26日

玉縄首塚(たまなわくびづか)

1526年(大永6)に安房(あわ)里見氏の鎌倉攻めの際に応戦し戦死した、渡内(わたうち)福原氏や大船甘粕(あまかす)氏一族35名を供養した塚といわれています。

この首塚を甘粕塚または、甘粕榎(えのき)ともいいます。後世に六地蔵が祀られ、そのかたわらに由来を記した石碑が立っています。

  • 玉縄史跡まつり(8月19日)玉縄史蹟顕彰会の主催で塚の供養や灯籠流しが行われる。

玉縄首塚の絵

萩原輝治(日本美術家連盟会員)

場所

岡本2-2-20
大船駅下車 徒歩5分

 

関連リンク