ホーム > かまくらキッズページ > もっと知りたい!市の木「ヤマザクラ」

ここから本文です。

更新日:2019年1月4日

もっと知りたい!市の木「ヤマザクラ」

鎌倉市のシンボル

「ヤマザクラ」(オオシマザクラを含む)は1975年(昭和50)年10月25日に市の木に制定されました

ヤマザクラの写真

ヤマザクラは本州(関東地方以西)・四国・九州に分布する日本の代表的な桜です。低山地に多いですが、平地でもよく見かけます。
寿命はとても長く、100年~150年とも言われていて、高さは15m~25m、幹の直径は1mを越えるまで成長します。
材は建築材、家具材等に用いられ、古来(こらい)、樹皮は食中毒、果皮は胃カタルに多用されたそうです。
鎌倉市では3月下旬~4月上旬ころに散在ケ池(さんざがいけ)森林公園で美しい花を見ることができます。

和名

山桜(ヤマザクラ)

学名

Prunus Jamasakura

科名

バラ科サクラ属

特徴

落葉広葉樹で高木

花の色

白色、淡紅色や淡紅紫色など変異があり

花期

4月頃~(葉と同時に花をつけます)