ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 稲村ガ崎(公共下水道西部汚水幹線)の仮設排水管からの漏水について

ここから本文です。

更新日:2017年1月12日

 

記者発表資料発表日:2016年1月10日

稲村ガ崎(公共下水道西部汚水幹線)の仮設排水管からの漏水について

 

1 内容
平成29年1月9日(月)午後5時過ぎに稲村ガ崎(西部汚水幹線)の仮設排水管から漏水があることを確認しました。漏水は、国道134号海側の通行止めとしている歩道内にある塩ビ製の仮設排水管(φ350・海側)のパイプソケット目地部分からのもので、本日(1月10日)午前中に補修を行い、既に漏水は解消しています。なお、補修と合わせ、付近の清掃及び消毒作業を実施し、終了しています。

2 漏水の原因
急激な気温の低下による管の伸縮が原因と考えていますが、詳細は現在調査中です。

3 今後の対応
当該仮設排水管は西部汚水幹線の圧送管の本復旧が完了するまで利用する必要があり、今回の漏水を踏まえ、監視・即応体制を維持するとともに、今後も安全対策の強化を検討します。

お問い合わせ

所属課室:都市整備部下水道河川課下水道担当

電話番号:0467-23-3000

内線:2537