ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > バックナンバー > 市長定例記者会見(平成29年4月)

ここから本文です。

更新日:2017年4月6日

記者発表資料発表日:2017年4月4日

市長定例記者会見(平成29年4月)

  • 鎌倉まつり
  • 鎌倉市外国語版観光ホームページのリニューアル
  • JR北鎌倉駅臨時改札口
  • 一般任期付職員の採用、政策創造専門委員の委嘱

先週から新年度がスタートしましたが、1日付けで、人事異動を行ったところです。

さて、本日は4件、ご報告させていただきます。

まず、鎌倉まつりについてです。

鎌倉の春を彩る鎌倉まつりは、今年で59回目を迎え、鎌倉市観光協会の主催で、今週末から始まります。鶴岡八幡宮を中心に静(しずか)の舞、伊豆の国市子ども創作能、野点席など様々な催しが行なわれます。伊豆の国市子ども創作能には、鎌倉の小学生の子ども3人も出演します。

さらに今年は、「お囃子」と「お神輿」を中心とした「鎌倉まつり行列巡行」も行われます。

皆さん、お出かけのうえ、お楽しみいただければと思います。

また、この鎌倉まつりの中で、国際観光都市である鎌倉の魅力を広くPRする「鎌倉市国際観光親善大使」として、新たに鎌倉在住の女優、エッセイストとして広く活躍されている「星野知子」さんが就任いたします。委嘱式の詳細は配布の記者発表資料をご覧ください。

次に、鎌倉市外国語版観光ホームページのリニューアルについてです。

東京2020(ニーマルニーマル)オリンピック・パラリンピック競技大会の開催地である日本に興味を抱かれた外国人の皆様に対し、神社仏閣や文化財をはじめとした日本固有の観光資源を満喫することができる観光地であることをアピールしていくため、市の外国語版観光ホームページを平成29年3月末にリニューアルしました

新たにスマートフォン対応ページとしたことや、本ホームページ内に東京オリンピック・パラリンピック大会の特設ページを設けており、今後は、個別の観光スポットの情報やモデルコースの紹介などを更新し、より内容を充実させてまいります。

次に、北鎌倉隧道通行止めに係るJR北鎌倉駅の臨時改札口についてです。

北鎌倉隧道の通行禁止に伴い、平成27年6月から学生の通学用として北鎌倉駅の下り線大船側に、朝の時間帯のみ出口専用の臨時改札口が設置されていますが、東日本旅客鉄道株式会社と協議を行い、このたびこの臨時改札口を改修し、利用時間の延長及び入場機能を追加した上で明日4月5日から利用ができることになりました。

臨時改札口の利用時間は、午前6時30分から午後9時30分までで、交通系ICカード(スイカなど)を使用して電車に乗ることができます。

なお、ICカードをお持ちでない方は、改札口脇に設置される乗車駅証明書発行機から「乗車駅証明書」を受け取り電車に乗ることができます。この場合の運賃の支払いについては、降車駅での精算となります。

この臨時改札口の開設は暫定の措置であり、北鎌倉隧道の安全対策工事が終了後、撤去することとなります。

臨時改札口は電車を利用する方のために設置されるもので、ホームの通り抜けはできませんのでご注意をお願いいたします。

次に、一般任期付職員の採用と政策創造専門委員の委嘱についてです。

経営企画部政策創造課では、4月1日付けで、新たに外部から採用した課長職が着任しました。任期は平成30年度末までの2年間で、これまでのご経験を活かして、主に次期基本計画の策定に向けたマーケティングに取り組んでいただき、新たな施策の立案につなげるための市民ニーズの把握などに取り組んでいただく予定です。

また、政策創造課では、学識経験を有する「政策創造専門委員」を迎えて、自治体シンクタンクとしての運営支援や新たな市政の取り組みへの助言などをいただいています。このたび、昨年度まで神奈川県で顧問、CIO(最高情報責任者)、知事補佐を歴任された根本昌彦(まさひこ)氏を新たな専門委員としてお迎えし、主に官民連携の取り組みに係る助言、指導をいただきたいと考えています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:経営企画部秘書広報課広報広聴担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階