ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > バックナンバー > 市長定例記者会見(平成29年7月)

ここから本文です。

更新日:2017年7月3日

記者発表資料発表日:2017年7月3日

市長定例記者会見(平成29年7月)

  • 病児保育室の開設
  • 海水浴場等津波避難訓練の実施
  • 第69回鎌倉花火大会パンフレット表紙デザイン表彰式
  • かまくら子ども議会の開催
  • 国指定史跡 永福寺跡苑池整備工事終了にかかる現地報告会の開催

 

本日は5件、ご報告させていただきます。

 

まず、病児保育室の開設についてです。

これまで、病児保育事業の実施について、多くのご要望をいただいておりましたが、この7月から、医療法人ゆいの会かまくらファミリークリニックに委託し、開始することになりました。

施設では、看護師1名、保育士2名が常駐し、かまくらファミリークリニックやかかりつけ医と連携を図りながら保育を行います。

対象児童は、市内に居住、通園又は通学する生後6か月から小学校6年生までの病気にかかってしまったお子さんで、医療機関による入院の必要はないものの、安静等が必要で、保護者の都合により一時的に家庭で看護、保育ができないお子さんです。

開設時間は、8時30分から18時までですが、土日、祝日、年末年始、夏期の一部の休診日はお休みします。

1日4名が定員で、利用申込みは直接施設のホームページからお申込みいただくことができ、本日、7月3日から利用申込みの受け付けを開始しています。

また、開設している時間帯であれば、電話で利用予約を行うことも可能です。

お子さんの預かりは7月4日からスタートします。

利用に当たっては、事前にかかりつけ医などの医療機関で「鎌倉市病児・病後児保育事業利用連絡票」を作成してもらい、当日、利用申込書と併せて施設に提出していただきます。

利用申込書、利用連絡票については、市のホームページからダウンロードできるほか、施設においても配布しております。

利用料は、1日2,500円ですが、生活保護世帯、市民税非課税世帯、寡婦(寡夫)控除のみなし適用による市民税非課税相当世帯の保育料は減免の制度があります。

なお、現在、大船二丁目の「鎌倉の病後児保育室naste(ネステ)大船」で実施している病後児保育事業については、引き続き事業を行います。

 

次に、海水浴場等津波避難訓練についてです。

7月22日 午前10時から、3つの海水浴場と海浜公園水泳プールにおいて、津波発生を想定した避難訓練を行います。

10時の津波警報サイレンを合図に、海水浴客とプール客に水中から上がっていただき、10分以内を目標に海岸やプールの出口まで誘導する訓練です。

訓練本部は、由比ガ浜監視所付近に設置いたします。

なお、今回の訓練では、新たに製作した誘導旗を使用して、避難誘導を行う予定です。

この誘導旗は、地理に不案内な観光客や来訪者の安全な避難誘導を目的に製作したもので、現在、市内の商店街の皆さんと活用についての相談をしており、沿岸部を中心に配布していきたいと考えております。

 

次に、第69回鎌倉花火大会パンフレット表紙デザイン表彰式についてです。

最優秀賞が決定したことについては既にお知らせしましたが、7月10日 午後5時から、庁議室において表彰式を行います。当日は、最優秀賞を受賞した栗田優妃(くりたゆうき)さん をはじめ、作品が佳作に選ばれた4名のお子さんにお越しいただける予定です。

なお、花火大会に関連してですが、花火大会当日、障害のある方に市役所本庁舎3階の屋上部分を提供し、花火観覧を楽しんでいただく取組を実施します。参加人数は、10名から15名を予定しています。

当日は、ご本人の付き添いの方とともに、市職員も移動などのお手伝いにあたる予定です。

 

次に、かまくら子ども議会についてです。

子ども議会は、市議会の模擬体験を通じて、市の様々な課題について考えるとともに、議会制民主主義への理解と地方自治の仕組みを学ぶことを目的としています。

「鎌倉市における小中一貫教育」の取り組みとして、小・中合同ブロックで児童生徒が交流を図り、協働して開催します。市立の小学校8校と中学校4校でブロックを組んでいます。

第17回となる今年は、7月26日 午前9時から11時30分まで市議会本会議場において開催いたします。

市立の学校12校と横浜国立大学教育学部附属鎌倉小学校・中学校、鎌倉女子大学初等部・中等部に在籍する児童・生徒から選ばれた32名の子ども議員が質問を行い、私と教育長が答弁を行います。

 

次に、国指定史跡永福寺跡 池(えんち)整備工事終了にかかる現地報告会についてです。

史跡永福寺跡は、昭和41年に国指定史跡に指定され、平成19年度から公開活用に向けた整備を行ってきました。

平成28年度に行った工事で、寺院の主要な建物である三つのお堂や池など、大規模な復元的な整備工事が終了し、現在、整備区域全体を公開しています。

このたび、工事終了の状況を地元自治会の皆様を中心に説明するため、7月17日 午後2時から午後3時30分まで、私も出席して現地報告会を開催します。

当日は、文化財課の学芸員が、整備した建物の基壇(きだん)や池などについて解説する他、湘南工科大学の御協力による、バーチャル画像の紹介なども予定しております。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:経営企画部秘書広報課広報広聴担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階