ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 稲村ガ崎(公共下水道西部汚水幹線)の仮設排水管の破損について

ここから本文です。

更新日:2017年11月30日

 

記者発表資料発表日:2017年10月24日

稲村ガ崎(公共下水道西部汚水幹線)の仮設排水管の破損について

 平成29年10月23日(月曜日)午前6時頃、台風21号のパトロール中に稲村ガ崎(西部汚水幹線)の仮設排水管の破損を確認しました。
 当該施設は、国道134号海側の通行止を行っている歩道上にある仮設排水管で、4本の仮設排水管のうち、内径250mm管1本がおよそ50mにわたり破損したものです。
 ただちに送水を停止し、現在は内径350mm管2本で送水を行っています。

 

1 破損の原因

 台風21号による 強風と高波によるもの考えられます。

 

2 今後の対応

 現在、10月末の本復旧に向け、仮設排水管から本設排水管への切替を予定していますが、その間、監視・即応体制を維持するとともに、今後も安全の確保に努めます。

 

 記者発表資料(PDF:104KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:都市整備部下水道河川課下水道担当 担当者名:下水道河川課担当課長 杉田

電話番号:0467-23-3000

内線:2533

ファクス番号:0467-23-8700