ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 実在する建築士を騙って設計等を行った者の氏名の公表について

ここから本文です。

更新日:2018年5月8日

 

記者発表資料発表日:2018年5月7日

実在する建築士を騙って設計等を行った者の氏名の公表について

 建築士の資格を有しない者が、 実在する二級建築士及び建築士事務所を騙り、木造の戸建て住宅等の設計並びに建築確認及び中間・完了検査の申請手続きを行っいるとの情報提供が神奈川県からありました。
 これを受け、市では、県内の特定行政庁と連携して、調査を進めてきました。今般、これまでに判明した事実と今後の対応ついて、次のとおり発表します。


1 概要・ 経緯
  平成30年4月5日、指定確認検査機関より県へ「実在の建築士事務所及び建築士の名を騙り、建築物の確認申請等の設計を行っている事案が発覚し、これまでに 同様の申請と思われるものが25件あった。 」との情報提供があ りました。
  神奈川県が本人から事情聴取を行ったところ、これまでも当該事務所名で設計等を行っていたことを認めました。そのため、当該事務所が開設した平成12年以降の業務状況を調べたところ、平成25年10月以降に建築確認を行った建築物で、本人が設計、工事監理の一部及び申請手続きを行っていた事案が55件あり、鎌倉市内にも 1件あることが特定されました。
  建築基準法では、建築士が設計、工事監理の際に法適合を確認した一部の規定は、確認審査・検査で省略されることから、居住者の安全確保ため、関与建築物の施工者に、これらの規定の適合状況報告を求めました。


2  実在する建築士をかたって設計等を行った者
  氏名  脇坂 佳幸(わきさか よしゆき 51歳  非建築士)


3  相談窓口の設置
  すべての関与建築物に対して、建築主等からの提出された報告により、関係特定行が法適合確認を行うこととしていますが、建築士による建築物の調査等が必要な場合は、一般社団法人神奈川県建築士事務所協会において、調査業務依頼の相談に応じています。
  電話 045-228-0755   ホームペ-ジ http://www.j-kana.or.jp/

 

  記者発表資料(PDF:119KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:都市景観部建築指導課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-61-3586

メール:kensi@city.kamakura.kanagawa.jp