ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 市長定例記者会見(平成30年度11月)

ここから本文です。

更新日:2018年11月2日

記者発表資料発表日:2018年11月01日

2018年11月市長定例記者会見 会見

  • 市政功労者表彰式
  • ゆめひかる文化芸術子ども表彰式
  • 幼稚園教諭や保育士への表彰
  • 技能者表彰式
  • 優良農業者・漁業者並びに農産物品評会受賞者表彰式 
  • 「鎌倉市 くらしの手続きガイド」の導入
  • 鎌倉テレワーク・ライフスタイル研究会発足式
  • かまくら国際交流フェスティバル2018
  • 秋季火災予防運動に伴う消防総合訓練の実施
  • 鎌倉国宝館開館90周年記念シンポジウム 鎌倉国宝館90年の歩みとその未来
  • 人権フェスタ2018inかまくら

表彰関係からご説明します。
市政功労者表彰式についてです。
毎年、市政の発展に多大な功績のあった方々を市政功労者として表彰しておりますが、平成30年度は、36名、1団体を表彰いたします。
表彰式は、市制施行記念日に当たります11月3日、午前10時から、鎌倉市議会本会議場で行います。また、表彰式に引き続き、全員協議会室で祝賀会を執り行う予定となっています。

次に、ゆめひかる文化芸術子ども表彰式です。
ゆめひかる文化芸術子ども表彰は、文化・芸術の分野で優秀な成績を収めた鎌倉の子どもたちを表彰するもので、平成30年度は、絵画や音楽、作文などの分野で6名、2団体を表彰します。
表彰式は、同じく11月3日、午後1時30分から、鎌倉市議会本会議場で行います。
表彰式では受賞者ご本人から、作品へ込めた思いやコンクールに臨む際の気持ちなどを発表していただく予定です。

次に、幼稚園教諭や保育士への表彰についてです。
永年に渡り幼児教育や保育事業の推進に御尽力いただいている民間の幼稚園教諭や保育士の功績を称え、表彰するため、平成29年度に鎌倉市民間幼稚園教諭永年勤続表彰制度及び鎌倉市民間保育士等表彰制度を創設しており、今回は2回目の表彰となります。
表彰は、鎌倉市内の民間幼稚園や保育所において、勤務年数が10年、以降5年ごとのいずれかに達した幼稚園教諭又は保育士が対象で、平成30年度は、幼稚園教諭7名、保育士9名の合計16名を表彰します。
表彰式の詳細につきましては、お手元の資料のとおりですが、当日は表彰状と記念品を贈呈します。

次に、技能者表彰式についてです。
技能者の経済的社会的地位及び技術水準の向上を図るために毎年行っており、年齢・従事年数等の条件により、「技能功労者・優秀技能者及び青年優秀技能者」に分けて行っています。
これまでに、延べ2,720名の方々が受賞され、今年は、技能功労者8名、優秀技能者9名、青年優秀技能者1名の計18名の方が受賞されます。
表彰式は、11月23日の勤労感謝の日に午前11時から鎌倉市議会本会議場で行います。
受賞者の栄誉をたたえ、鳶職組合による「祝(いわい)木遣(きや)り」も披露されます。

次に、優良農業者・漁業者並びに農産物品評会受賞者表彰式についてです。
優良農業者・漁業者表彰につきましては、本市の農業及び漁業の振興に永年貢献した優良農業者及び漁業者を決定し、表彰するもので、本市の農業等の技術及び生産性向上並びに後継者育成を図るものです。
今回は、農業従事者3名、漁業従事者1名の計4名の方が受賞予定です。
また、農産物品評会につきましては、本市の農業者が市内で生産した生産物を比較・検討し、栽培技術の改良、優良品種の普及及び農業意欲の高揚を図り、農業者と消費者とが交流し、認識を深めるために行うもので、特別賞、金賞、銀賞の選考を行います。
これらの表彰式は、11月25日、午前9時10分から、大船中学校で行います。

次に、表彰以外の案件について、ご説明します。
まず、「鎌倉市 くらしの手続きガイド」の導入についてです。
市では、市民サービスの向上につながるICT活用の取組の一つとして、転入や転居など8つのライフイベントに関して、個人の状況に応じた手続き内容や必要な書類等の情報をウェブ・スマートフォン上で案内する「鎌倉市くらしの手続きガイド」を導入します。
デモの操作をいたしますので、画面を御参照ください。
例えば、「転出」に関する手続きを知りたい場合、このように、いくつかの簡単な質問に答えるだけで、必要な手続きや、手続き可能な場所、持ち物を、事前に知ることができるようになります。
本ガイドの導入時期については、11月中旬を予定しています。正式な日にちが決まりましたら、改めてお知らせいたします。
また、本ガイドについては、今後、現在準備中の鎌倉市公式LINE アカウント内にも導入する予定としております。

次に、鎌倉テレワーク・ライフスタイル研究会発足式についてです。
去る7月25日に準備会を開催いたしましたが、このたびテレワーク月間中である11月27日、午前10時30分から、鎌倉芸術館小ホールにおいて発足式を開催することになりました。
当日は、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役人事総務本部長の島田 由香(しまだ ゆか)さんに講演いただくほか、「鎌倉Worker魅力のライフスタイル大公開!」をテーマとしたパネルディスカッションや今後の活動予定等についての報告を行う予定です。
今後、民間企業とともに研究会の取組を進め、テレワークの普及を図っていきます。

次に、かまくら国際交流フェスティバル2018についてです。
鎌倉市内を中心に国際交流や国際協力活動を行っている18団体が協力して、11月4日に鎌倉大仏殿高徳院でかまくら国際交流フェスティバル2018を開催します。
国籍にかかわらず多くの方に楽しめるイベント等を用意しております。

次に、秋季火災予防運動に伴う消防総合訓練の実施についてです。
「平成30年秋季火災予防運動」の行事の一環として、消防総合訓練を実施し、関係機関との連携を図るとともに、市民に対して火災予防の
普及啓発を図ります。
訓練は、11月8日、午前9時00分から、ニトリ大船店において行います。
訓練参加機関は、鎌倉市消防本部を始め鎌倉市消防団及び横浜市消防局、10隊10車両、約50名の訓練となります。
訓練概要は、ニトリ大船店2階休憩室からの出火を想定し、職員による消火・通報・避難訓練、消防隊と消防団による消火訓練及び救助隊による救助救出訓練並びに救急隊による応急救護訓練を実施します。

次に、鎌倉国宝館開館90周年記念シンポジウム 鎌倉国宝館90年の歩みとその未来についてです。
昭和3年に開館しました鎌倉国宝館は、今年で開館90周年を迎えました。
現在、同館では記念特別展「鎌倉国宝館1937-1945 ―戦時下の博物館と守り抜かれた名宝―」を開催中です。その関連イベントとして、11月23日に鎌倉商工会議所地下ホールにおいてシンポジウムを開催します。
ご登壇いただくのは、東京大学教授で、近代鎌倉の文化財保護の歴史に大変お詳しい木下 直之(きのした なおゆき)さん、鎌倉国宝館創立に向けて、当時、中心的な役割を果たした鎌倉同人会の現会長の富岡 幸 一郎(とみおか こういちろう)さん、また、鎌倉国宝館創立の趣旨に賛同し、境内地の一部をご提供いただいた鶴岡八幡宮の現宮司でいらっしゃる吉田 茂穗(よしだ しげほ)さんです。
開館90周年を迎えたことを受け、改めて鎌倉国宝館創立の原点を振り返るとともに、10年後の100周年、さらにその先の未来に向けた今後の展望について意見交換を行っていただきます。

次に、人権フェスタ2018inかまくらについてです。
鎌倉市人権擁護委員も参加する、横須賀・湘南人権啓発活動地域ネットワーク協議会が、12月8日、鎌倉芸術館で人権フェスタ2018inかまくらを開催します。
千葉商科大学の教授の宮崎 緑さんの講演のほか、鎌倉交響楽団のミニコンサートや中学生人権作文コンテスト優秀作品の本人による朗読が予定されています。

最後に一点、沿岸部津波一斉避難訓練の実施について、ご説明します。
既に、皆さまにはお知らせしているところですが、11月5日、午前10時から、国が定める「津波防災の日」に合わせ、大地震による津波を想定した避難行動訓練を実施します。
今回の訓練は、相模湾を震源とする大規模な地震が発生し、市内で震度6強が観測され、10分で最大高さ14mの津波が襲来すると想定し、市民や各自治会・町内会があらかじめ設定した津波避難経路を通り、避難目標である津波浸水予想区域外又は高台などに実際に避難行動を行い、自らの命を守るための避難行動を考える機会とするものです。
今年度は、京浜急行バス株式会社にご参加いただき、材木座地区でバス運行中に津波警報が発表された場合を想定した避難訓練が併せて実施されます。
当日は私もバスに乗車し、訓練に参加する予定としています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:共創計画部広報広聴課広報広聴担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp