ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 市長定例記者会見(平成30年度12月)

ここから本文です。

更新日:2018年11月27日

記者発表資料発表日:2018年11月26日

2018年12月市長定例記者会見 会見

  • 提案予定の議案
  • 放課後かまくらっ子せきやの開設
  • 障害者雇用を学ぶ講演会の開催

市議会12月定例会が12月5日に開会されることになりましたので、まず、定例会に提案予定の議案についてお知らせします。
今回、提出を予定している議案は、条例の制定及び一部改正が9件、一般会計及び下水道事業特別会計の補正予算が2件、その他として、市道路線認定などが12件、報告事案が1件となっています。

次に、放課後かまくらっ子せきやの開設についてです。
全ての児童が放課後などの時間を安全・安心に過ごし、多様な体験・活動を行うことができる事業として、子どもの家とアフタースクールを一体的に実施する「放課後子ども総合プラン」の鎌倉版である「放課後かまくらっ子」を本年6月11日から深沢小学校区で実施をしているところです。
このたび、2か所目となる放課後かまくらっ子を、12月10日から関谷小学校区において実施します。
実施に先立ちまして、12月8日に関谷小学校敷地内の新施設において、開所式を行い、式典の後、内覧会を行います。
今後の事業展開の予定につきましては、平成31年4月から第一小学校・第二小学校・御成小学校・小坂小学校の各小学校区において、平成31年10月からは七里ガ浜・富士塚・大船の各小学校区において、既存の子ども会館・子どもの家等を活用しまして、放課後かまくらっ子を順次実施をしてまいります。平成32年度中には、全小学校区での実施を目指しているところです。

続きまして、障害者雇用を学ぶ講演会の開催についてです。
今年度から障害者二千人雇用に向けた取り組みを開始しておりますが、その一環として12月18日に「中小企業向け障害者雇用講演会」を実施いたします。
この講演会では、障害者雇用に長く携わった講師から、これまで障害者企業就労アドバイザーとして相談に乗った企業の実例など具体的なノウハウを学ぶことで、障害者を雇用したことのない中小企業の事業主や採用担当者の不安を解消し、障害者雇用に踏み切るきっかけとしていただこうとするものです。講師のプロフィールはお手元の資料のとおりですが、これまでの経験を生かして分かりやすくお話しをしていただきます。
鎌倉市は、中小企業の割合が大きいことから、法律による障害者雇用義務が生じる企業での取り組みだけでは、障害者の雇用を大きく進めることは難しいと考えています。
今回の講演会には雇用義務がない企業の方々に是非とも参加していただきまして、障害者雇用を具体的に検討するきっかけとなることを期待しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:共創計画部広報広聴課広報広聴担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp