ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > レスキューボードの配置について

ここから本文です。

更新日:2019年4月25日

 

記者発表資料発表日:2019年4月25日

レスキューボードの配置について

 近年マリンスポーツ人気が高まり海浜等での水難救助が年間を通じて発生いる状況です。消防本部では有事の際に水上オートバイを活用し救助活動を展開していますが、海岸近くや岩礁等で水上オートバイが進入できない場所での活動に苦慮しています。水上オートバイよりも短時間に入水でき迅速な救助活動が可能なレスキューボードが有効であると職員提案があり、昨年度から試行的に行っていましたが、マリンシーズンを向え、本格的に運用するものです。

1 運用開始

  平成31年4月27日(土)

  昨年7月から試行的に運用しており、3名の要救助者を救助した実績があります。

2 配置先

  鎌倉消防署七里ガ浜出張所 消防隊

3 諸元

 (1) 全長

    289.5センチメートル

 (2) 全幅

    60.01センチメートル

 (3) 厚さ

    8.26センチメートル

4 備考

 (1) レスキューボードの救助方法の利点

   ア 浅瀬で岩石が露出している場所でもレスキューボードなら接近可能です。

   イ 軽量のため海岸までの搬送が一人ででき、入水までの時間が短縮されます。

   ウ 沿岸から要救助者を砂浜まで搬送し上陸が可能です。

 (2) アメリカの西海岸やハワイなどマリンスポーツが盛んな外国では消防等により運用されています。

 (3) 5月7日(火)から5月31日(金)まで鎌倉市坂ノ下海岸で不定期で訓練を実施しています。実施日は、鎌倉消防署(24-0119)までお問い合わせください。

 (4) 今後は、他機関と連携した訓練も企画していきます。        

お問い合わせ

所属課室:消防本部警防救急課警防担当

鎌倉市大船3-5-10

電話番号:0467-44-0974