ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 鎌倉市の観光客行動マーケティング情報提供に関する協定の締結について

ここから本文です。

更新日:2019年5月27日

記者発表資料発表日:2019年5月23日

鎌倉市の観光客行動マーケティング情報提供に関する協定の締結について

オーバーツーリズム解消に向けた観光客の行動を可視化調査

令和元年(2019年)5月23日付けで、鎌倉市と株式会社デジタルガレージ(本社:東京都渋谷区、代表取締役兼社長執行役員グループCEO:林郁)、株式会社unerry(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:内山英俊)、株式会社昭文社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒田茂夫)の4者は、鎌倉市の観光課題であるオーバーツーリズム(注)を解決するため、観光客の行動分析を行い、観光客の行動を可視化し、動態情報を取得する調査の実施に関する協定を締結しました。


(注)オーバーツーリズムとは
観光地において、訪問客の著しい増加等が、地域住民の生活や自然環境、景観等に対して受忍限度を超える負の影響をもたらしたり、観光客の満足度を著しく低下させたりするような状況を指します。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部観光課観光担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3884

メール:kankou@city.kamakura.kanagawa.jp