ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 市長定例記者会見(令和元年度6月)

ここから本文です。

更新日:2019年5月27日

記者発表資料発表日:2019年5月27日

市長定例記者会見(令和元年度6月)

  • 市議会5月臨時会 提案予定議案
  • 市議会6月定例会 提案予定議案
  • 共生のまちづくり連続講座を開催

お忙しいところお集まりいただきまして、ありがとうございます。

まず1件目の「市議会5月臨時会 提案予定議案」についてです。

明日5月28日に市議会5月臨時会が開会されますので、提案予定の議案についてお知らせします。

今回、提出を予定している議案は、
専決が 3件、
その他が 1件、
報告が 5件 となっています。
主な議案の内容については、のちほど副市長から説明させていただきます。

市議会6月定例会 提案予定議案

市議会6月定例会が6月5日に開会されますので、提案予定の議案についてお知らせします。

今回、提出を予定している議案は、
条例の制定及び一部改正が 11件、
一般会計の補正予算が 1件、
その他として、市道路線の認定などが 6件、
人事案件が 1件 となっています。
こちらにつきましても、のちほど副市長から説明します。

共生のまちづくり連続講座を開催

本市では、重要施策の一つに「共生社会の実現」を掲げ、様々な取り組みを進めているところです。

まず、本年4月1日付で「鎌倉市共生社会の実現を目指す条例」を施行しました。この条例は、市民一人ひとりが、お互いを尊重し、支え合い、多様性を認め、自らが望む形で社会との関わりを持ち、生涯にわたって安心して自分らしく暮らすことのできる共生社会を目指すに当たり、基本となる理念や市の責務、市民、事業者の役割や基本的な施策について規定したものです。この条例により本市の共生の取組に一つの芯が通ったことになります。

この条例の施行に合わせて、福祉総合相談、障害福祉、介護保険、の3つの窓口をあわせた福祉総合窓口を開設し、相談機能の充実と市民の方々の利便性の向上を図る取組を始めました。

また、共生の視点に立った窓口対応ができるように、接遇マニュアルの整備と職員研修を実施するとともに、「お困りのことがあればお声がけください」というメッセージも含めて、本庁舎の各窓口にサインボードを設置するなどの、取組を進めているところです。

本日ご案内します、共生のまちづくり連続講座も、共生の意識形成に向けた取組の一つとして実施するものです。「地域から、共生社会をつくる」と題し、共生社会の構築を目指す視点を持ち、日本各地で先進的な活動をされている方々を講師としてお招きし、お話を伺うことで、心のバリアをなくし、毎日の暮らしにおけるものの見方、考え方を変えるきっかけや、行動のヒントを得ることを意図して企画したものです。

講座は全5回を予定しております。1回のみの参加も可能ですが、連続で学ぶことで、地域や社会課題を多面的に捉え、より一層、共生社会への理解を深めていただけるものと考えております。

第1回は、来月6月27日に、地域密着型のまちの看護師さん、コミュニティ・ナースとして、島根県雲南市(うんなんし)をベースに活躍されている矢田 明子(やたあきこ)さんを講師にお迎えします。
コミュニティ・ナースとは、地域の中で住民とパートナーシップを形成し、その専門性や知識を生かして、地域で活動する医療人材のことです。本市でも、在宅医療のネットワークが少しずつ広がってきました。地域での支え合いを必要とする人が増える中、心身の健康や安全・安心な暮らしを軸として人と人のつながりについて、考える機会となればと思います。

第2回は7月26日に、第3回は9月に開催します。また、第4回と第5回は11月と翌年1月のそれぞれ最終週を予定しています。

ぜひ、多くの市民の皆さんに聞いていただき、地域から共生社会をつくる取り組みに加わっていただければと思っておりますのでよろしくお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:共創計画部広報広聴課広報広聴担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp