ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 市長定例記者会見(令和元年度10月)

ここから本文です。

更新日:2019年10月3日

記者発表資料発表日:2019年10月4日

市長定例記者会見(令和元年度10月)

  • 台風15号対応について
  • 就労準備支援事業及び家計改善支援事業を開始
  • 姉妹都市物産展を開催
  • ゆめひかる文化芸術子ども表彰式

お忙しいところお集まりいただきまして、ありがとうございます。

台風15号対応について

本市にも大きな影響を及ぼしました台風第15号について、市の対応状況を御説明します。

台風15号による最新の被害取りまとめ状況は、建物被害が全壊1棟、半壊6棟、一部損壊が278棟となります。また、がけ崩れ101件、道路冠水6件、浸水12件、倒木558件が各所で発生をしました。

特に、玉縄交番前から玉縄台までの道路においては、倒木により電柱が倒壊し、現在、まだ通行止めとなっています。今月中旬の車両片側通行に向けて、現在も作業中です。
なお、神奈川中央交通の御協力によりまして、9月26日から栄光学園前と打越間の代替運行を行っております。

秋の観光シーズンを迎えますが、3つのハイキングコースや朝夷奈切通についても通行止めの状態が続いております。こちらは復旧の目途はまだ立っていない状態でございます。

市では、住宅などを被災された皆様に、り災証明書の発行、市税の減免、国民健康保険、後期高齢者医療、国民年金、介護保険の各保険料の減免などの相談を受け付けております。
また、生活福祉課において、小災害見舞金や生活立て直しのための資金の貸付制度の相談も受け付けております。

台風15号により被災した市内の中小企業者に対し、本市の中小企業融資制度における経営安定資金の融資を実施しています。当該融資を受けた中小企業者につきましては、原則として、融資利子相当額の全額補助を受けることができるものです。

申し込みは、本年12月18日まで、市内の湘南信用金庫、スルガ銀行、東日本銀行及び横浜銀行の各支店で申し込みを受け付けています。

引き続き、台風第15号対応に係る警戒本部体制を継続し、被害を受けられた市民の皆様の日常生活の安定と、一刻も早い復旧に向けて全庁を挙げて取り組むとともに、今回の台風で明らかになった課題を検証し、今後の防災対策に反映させてまいります。

最後になりますが、一連の応急復旧対策を実施する中で、災害派遣活動を行っていただいた自衛隊をはじめ、関係機関や民間企業の皆さまから多くの御支援・御協力をいただきました。この場をお借りして感謝申し上げます。

就労準備支援事業及び家計改善支援事業を開始

生活困窮者等の自立を促進するため、生活困窮者自立支援事業を実施しているところですが、このたび、新たな支援メニューとして、就労準備支援事業と家計改善支援事業を、10月1日から開始しました。

まず、就労準備支援事業ですが、生活困窮者の中には、就労などの中で失敗や挫折を経験したことをきっかけに、いわゆる「ひきこもり」状態となり、社会との関わりに不安を抱え、直ちに就労することが難しい方がいます。一人ひとりの状況に合わせた支援プログラムを作成し、規則正しい起床・就寝や、食事習慣の形成といった日常生活の自立のための支援から、職場見学やボランティア活動といった社会生活自立への支援、就労体験の場の提供やビジネスマナー講座、履歴書の作成などの就労自立への支援を行います。

利用者の方には、大船地区に新たに設置する事業所に通っていただき、支援プログラムに参加したり、地域でのボランティア活動や近隣店舗での就労体験などを通じて、就労に向けた実践的な経験を積んでいただきたいと考えています。

次に、家計改善支援事業ですが、生活困窮に陥る背景として、家計管理に課題を抱えている方が多いことから、専門の相談員が、家計の状況を「見える化」し、経済的困窮に陥る根本的な問題を把握した上で、一人ひとりの状況に応じた家計改善支援を行います。家計表を作って相談者自身が家計管理できるようにしたり、消費生活や多重債務等の課題を抱える場合は専門機関へつなぎ、必要に応じて貸付のあっせんも行います。

いずれも、生活困窮者の方の多くは、複合的な課題を抱えていることから、就労や家計だけでなく、生活全般にわたり総合的・包括的な支援を行う体制を強化し、早期の生活再建を目指していきます。

姉妹都市物産展を開催

本市の姉妹都市である、山口県萩市、長野県上田市及び栃木県足利市の特産品や名産品を一堂に集めた、年に一度の物産展である「令和元年度 鎌倉市姉妹都市物産展」を開催いたします。

本年は、10月11日と12日の2日間、これまで会場としていました鎌倉生涯学習センターが休館中であることから、今回は市役所第三分庁舎の講堂での開催となります。

主な販売品は、萩市が、かまぼこ、練り製品など、上田市が、りんご、味噌、おやきなど、足利市が、和菓子、ストールなどとなっています。

例年、開催を楽しみにしておられる多くの皆様にご来場いただいております。今年は、会場の都合から規模は縮小しておりますが、楽しみにしておられる皆様のために、また、姉妹都市との交流促進のためにも、本年も開催することとしました。
ぜひ多くの方にお越しいただければと思います。

ゆめひかる文化芸術子ども表彰式

ゆめひかる文化芸術子ども表彰は、文化・芸術の分野で優秀な成績を収めた鎌倉の子どもたちを表彰するもので、令和元年度は、絵画や音楽、自然科学などの分野で5名、2団体を表彰します。

表彰式は、10月14日、午後1時30分から、鎌倉市議会本会議場を会場として行います。例年と開催日が変更となっておりますので、ご注意ください。
表彰式では受賞者ご本人から、コンクールに臨む際の気持ちや作品へ込めた思いなどを発表していただく予定です。

私からの説明は以上となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:共創計画部広報広聴課広報広聴担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp