ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 新型コロナウイルス対策に関する高齢者への通知及び電話相談窓口の設置について

ここから本文です。

更新日:2020年3月27日

 

記者発表資料発表日:2020年3月27日

新型コロナウイルス対策に関する高齢者への通知及び電話相談窓口の設置について

鎌倉市在住の75歳以上の方全員に、新型コロナウイルスの感染予防についてのお手紙を送付するとともに、感染予防についての専用電話相談窓口を開設します。

1 趣旨

新型コロナウイルスは、これまでの症例をみると、加齢とともに重症化するリスクが高くなる傾向があります。厚生労働省が公表している3月26日正午時点の国内の発生動向によると、感染者数は1,292人で、死亡者数は45人となっています。お亡くなりになった方を年齢別にみると、70歳以上の方が43人と突出して高く、国内の死者数の9割以上が70歳以上という状況です。
この現状を受け、鎌倉市では、75歳以上(後期高齢者)の方の感染リスクを少しでも減らすため、感染予防への取り組み方法などをまとめたお手紙を、対象者全員に郵送し、感染予防に必要な情報を直接お届けすることで、75歳以上の方の感染予防を図ります。
また現在、政府は新型コロナウイルスの感染予防のため、不要不急の外出は控えるよう呼び掛けています。一方で、高齢の方の場合、働き盛りの世代や子どもと異なり、数日歩かなかっただけで、著しく筋力が低下してしまいます。このため、ご高齢の方は、通常の感染予防の取り組みとは別に、心身の健康のために生活機能の維持と向上を、継続的に続ける必要があります。そこで市では、75歳以上の方を対象とした感染予防専用の電話相談窓口を開設します。感染リスクを避けながら心身の健康を維持する方法などを、保健師が電話で相談に応じます。

2 75歳以上の方全員へ、感染予防の手紙を送付
新型コロナウイルスの感染予防のポイント、外出を控えてもできる健康づくり、感染予防についての電話相談窓口開設の案内などをまとめた手紙を送付します。
送付:令和2年4月初め頃
対象:75歳以上の市内在住者約31,000人
        ※年齢の基準日は、令和2年4月1日時点
主な内容:・市からのお願い
       ・75歳からの感染予防「電話相談」
              ・外出を控えてもできる健康づくり

3 75歳からの感染予防「電話相談」
不要不急の外出を避けながら、どのように心身の健康を維持し、感染予防を図るのかといった健康に関する相談に、保健師が応じます。
相談日時:令和2年3月30日(月)~当面の間
               月~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(祝日を除く)
対象:75歳以上の市内在住者もしくはそのご家族
電話番号:0467-61-3977

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部市民健康課保健活動担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3977

メール:shikenko@city.kamakura.kanagawa.jp