ここから本文です。

  About the Exhibitions (English )

展覧会のご案内 - Exhibitions -

開催中の展覧会  - Current Exhibitions -

特別展 「知られざる円覚寺の至宝 ~古文書と羅漢図の世界~」

Special Exhibition "Little known masterpieces of Engaku-ji temple"

engaku-ji 

  平成30年(2018年)は、禅を世界に広めたことで知られる釈宗(しゃくそう)演(えん)老師の百年遠忌、また平成31年(2019年)は、円覚寺中興の祖である大用(だいゆう)国師(誠拙周樗(せいせつしゅうちょ))の二百年遠忌にあたります。本展はこれらを記念し、円覚寺に伝来する円覚寺文書や五百羅漢図を中心とする同寺ゆかりの作品の数々を一堂に展観するものです。円覚寺文書は円覚寺が創建された弘安5年(1282年)以降、同寺に伝来した文書群で、特に南北朝時代のものを多く含みます。また、五百羅漢図とは悟りを開いた高僧を五百人の群像で描いた作品です。円覚寺に伝わる五百羅漢図は、全五十幅で構成される大作であり、中世禅林における羅漢信仰の隆盛を物語るものです。いずれも円覚寺の歴史を語る上で欠くことのできない存在ですが、普段はなかなか目にする機会の少ない作品群でもあります。本展を通じ、円覚寺の新たな魅力を発見していただければ幸いです。
なお、会期中、平常展示のコーナーでは、養命寺(藤沢市)の本尊・薬師三尊像を修理後初公開いたします。貴重な機会ですので、お誘い合わせのうえ、是非ご来館ください。

 

会期
平成31年(2019年)4月27日(土)~6月16日(日)

観覧料
一般:400円(300円) 小・中学生:200円(100円)
(  )内は20名以上団体料金

開館時間
9:00~16:30(入館は16:00まで)

休館日
月曜日(祝日の場合は翌平日) 
※ゴールデンウィーク中(4/27~5/6)も開館しています。

主催
鎌倉国宝館(鎌倉市教育委員会)

※学芸員による列品解説を毎週土曜日14:00より行っています(参加無料・申込不要(要観覧料))

出品リスト

特別展 「知られざる円覚寺の至宝」の出品リストはこちら(PDF:155KB)

常設展示「鎌倉の仏像」は出品リストはこちら(PDF:127KB)

 令和元年度(2019年度)の展示予定表はこちら(PDF:290KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:文化財部文化財施設課鎌倉国宝館

鎌倉市雪ノ下2-1-1

電話番号:0467-22-0753