ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 高齢者福祉 > 生涯現役促進地域連携の取組みについて

ここから本文です。

更新日:2017年5月19日

生涯現役促進地域連携の取組みについて

新着情報

出張相談窓口を開設

詳しくは生涯現役促進地域連携鎌倉協議会のホームページをご参照ください。

社会背景

現在、高年齢者等の雇用の安定等に関する法律で、企業に65歳までの雇用確保措置が義務づけられていますが、今後は、特に65歳以降の高齢者の雇用・就業機会の確保が重要な課題となってきます。こうした高齢者の多くは活動の場を自身の居住地域などに移していっているため、これらの層を含む高齢者が地域社会で活躍できる環境整備を行っていく必要があります。

事業募集の経過

高年齢者等の雇用の安定等に関する法律第35条第1項に定める協議会、又はそれを構成する団体から、高年齢者等の雇用の安定等に関する法律第34条第2項第3号に定める「国が実施する高年齢者の雇用に資する事業」に係る事業構想を募集し、コンテスト方式により、地域の特性等を鑑みた創意工夫のある事業構想を選定し、その事業の実施を委託する平成28年度生涯現役促進地域連携事業の実施団体の募集が行われました。

 

応募

平成28年8月1日から9月16日を募集期間とした平成28年度生涯現役促進地域連携事業の実施団体の第2次募集があり、鎌倉市は、公益社団法人鎌倉市観光協会、社会福祉法人鎌倉市社会福祉協議会、公益社団法人鎌倉市シルバー人材センター、鎌倉商工会議所、湘南信用金庫、株式会社横浜銀行、学識経験者とともに「生涯現役促進地域連携鎌倉協議会」を設立、事業計画を作成し応募しました。

採択

平成28年9月下旬の厚生労働省によるヒアリングを経て、同年10月の第三者委員会での審議を経て、同月21日付けで採択されました。

事業実施主体

公益社団法人鎌倉市観光協会

社会福祉法人鎌倉市社会福祉協議会

公益社団法人鎌倉市シルバー人材センター

鎌倉商工会議所

湘南信用金庫

株式会社みずほ銀行

株式会社横浜銀行

学識経験者

鎌倉市

事業概要

事業イメージ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部高齢者いきいき課いきいき福祉担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3930

メール:kourei@city.kamakura.kanagawa.jp