ホーム > くらし・環境 > 交通 > 自転車の交通ルール

ここから本文です。

更新日:2013年12月13日

自転車の交通ルール

はじめに

自転車の無謀運転や歩道での危険な運転など、自転車利用者のマナーの低下が大きな問題となっています。

自転車は、手軽で便利な乗り物であることから、子どもから高齢者まで多くの皆さんが利用しています。その一方で、法的には車両であり、車やバイクと同様に交通ルールを守る義務があることや、悪質な違反者には道路交通法の罰則が適用されること等を理解していない方が多いのが現状です。

自転車をご利用の皆さん。交通ルールを守って、安全運転に心がけましょう。

道路交通法の一部改正(平成25年12月1日施行)

道路交通法の一部改正により、下記のとおり自転車のルールが変わりました。

※自転車で「路側帯」を走る際の通行ルールが変わりました。

 自転車などの軽車両が路側帯を通行するときは、道路の左側部分にある路側帯を自動車や原付と同じ方向に通行しなければなりません。(道路交通法第17条の2第1項)

※ブレーキ不備な自転車に対する警察官の指導が強化されました。

・適切なブレーキを備えていないため、危険と認められる自転車が運転されているとき警察官はその自転車を停止させ、ブレーキについて検査できます。(道路交通法第63条の10第1項)

 停止の指示に従わなかったり、検査の拒否や妨害をすると・・・5万円以下の罰金

・警察官はそのブレーキ不備の自転車の運転者に、安全のために必要な応急措置をとることを命じたり、応急措置で必要な整備ができない場合は、その自転車の運転の中止を命じることができます。(道路交通法第63条の10第2項)

 命令に従わないと・・・5万円以下の罰金

自転車の交通ルールなど

自転車の違反は、道路交通法による罰則の対象になります。

たとえば

(1)酒酔い運転・・・5年以下の懲役または100万円以下の罰金

(2)信号無視・・・・・3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

(3)一時不停止・・・3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

(4)右側通行・・・・・3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

(5)携帯電話・・・・・5万円以下の罰金

(6)無灯火・・・・・・・5万円以下の罰金

(7)傘さし運転・・・・5万円以下の罰金

(8)二人乗り・・・・・ 2万円以下の罰金

(9)並進・・・・・・・・・2万円以下の罰金

画像:二人乗り画像:競走画像:傘さし

自転車は、原則として車道を通行しなければなりません。

自転車は、法令上「軽車両」であり、車やバイクと同じ車両の一種に分類され、原則として車道の左端を通行しなければなりません。

ただし、道路標識によって「自転車の通行可」の指定がされている歩道や子ども、高齢者の方は通行することができます。

この場合、自転車は歩道の車道寄り部分を徐行することが義 務付けられており、歩行者の通行を妨げてはいけません。

自転車で歩道を通行できる場合

改正前は、「歩道通行可」の標識のある歩道以外は、通行することができませんでしたが、自転車の歩道通行が以下のように改められました。

(1):「歩道通行可」の標識がある歩道

(2):以下の方が運転するとき

ア:児童及び幼児が運転する場合(13歳未満)

イ:70歳以上の方が運転する場合

ウ:内閣府令で定める障害のある方が運転する場合(視覚・聴覚等の障害、音声・言語等の機能障害、

肢体不自由など)

(3)車道または交通の状況に照らして、安全上やむを得ないと認められるとき

【例えば】

・道路工事や連続した駐車車両などで車道の左側端の通行が困難

・自動車等の交通量が著しく多く、道路幅が狭いなどのため、車道走行が危険な場合

万一の事故に備えていますか?

車やバイクには、自賠責保険(強制保険)の加入が義務付けられていますが、自転車には強制保険の制度がありません。

自転車といえども、かなりのスピードが出ます。万一、自転車と歩行者の交通事故が発生すると、最悪の場合、大ケガや死亡事故となる可能性も十分考えられます。 このような事故が発生し保険に加入していないと、十分な賠償資力がない場合、被害者、加害者双方に負担が重くのしかかる結果となってしまいます。

自転車の危険性を十分認識し、安全運転で事故を起こさないことが一番ですが、万一の事故に備え保険に加入しましょう。

損害保険会社の保険損害

保険会社では、自転車事故に対応する、「自転車総合保険」や「賠償責任保険」等があります。また、「自

動車保険」、「火災保険」、「傷害保険」などに特約で加入できる場合があります。 詳しくは、損害保険会社各

社にお問い合わせください。


→社団法人損害保険協会ホームページはこちら( 外部サイトへリンク )

 

お問い合わせ

所属課室:防災安全部市民安全課交通安全担当

鎌倉市御成町18-10 第3分庁舎1階

電話番号:0467-23-3000

内線:2319

メール:anan@city.kamakura.kanagawa.jp