ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 学校給食 > 小学校給食食材の放射性物質濃度測定の結果

ここから本文です。

更新日:2017年8月17日

小学校給食食材の放射性物質濃度測定の結果

平成24年4月から翌日に学校給食で使用する食材の中から、生鮮食品を中心に毎日1校2検体の放射性物質濃度測定を実施してきました。(前日測定)
8月からは、この測定体制からさらに充実を図るため、東日本産の食材を中心に、産地の確認がとれている加工品等の食材についても、前日測定とは別に、可能な範囲で事前に測定を行い、安全性を確認することとしました。
今後は、地産地消を考慮して地場産の食材を使用することを原則としますが、安全で安心な給食を提供するために、できるだけ放射性物質の影響のない食材を提供することに努めていくこととしました。

 

測定日

使用日

学校名

測定品目

生産地

放射性
セシウム134

放射性
セシウム137

平成29年8月17日 随時 市立小学校 銀鮭 宮城県 不検出 不検出
平成29年8月10日 随時 市立小学校 トック 埼玉県
新潟県
富山県
不検出 不検出
平成29年8月9日 随時 市立小学校 角こんぶ 北海道 不検出 不検出
平成29年8月8日 随時 市立小学校 ます 北海道根室市 不検出 不検出
平成29年8月7日 随時 市立小学校 いか 青森県八戸市 不検出 不検出
平成29年8月4日 随時 市立小学校 こんにゃく
(デザート用)
群馬県
オーストラリア
タイ
不検出 不検出
平成29年8月3日 随時 市立小学校 おろしりんご 国内産 不検出 不検出
平成29年8月2日 随時 市立小学校 鶏肉 山梨県 不検出 不検出

単位はBq/kg(ベクレル/キログラム)
検出下限値:3.0Bq/kg(3.0Bq/kg未満は「不検出」となります。)
※測定結果は速報値です。
※測定する食品は国内で生産されたものの安全を確認するために行っていますが、季節等により西日本が産地となる食品を使用しておりますので、その場合はその食品を測定しています。

 

 

お問い合わせ

所属課室:教育部学務課給食担当

鎌倉市御成町12-18 鎌倉水道営業所 庁舎2階

電話番号:0467-61-3804

ファクス番号:0467-24-5569

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

1:あなたの年代を教えてください

2:ご使用の端末を教えてください

3:このページは分かりやすかったですか?